さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

1.機材をセットアップしよう!_Studio One

Studio Oneのインストールを終えたら、今度は機材のセットアップを行ないます。DTMにはMIDIキーボードやオーディオインターフェイスが必須なので、かならず準備しましょう。

今回は各機材のセットアップについて説明していきます。

 

 

オーディオインターフェイスを接続する


高音質なサウンドで録音したり再生したりするには、オーディオインターフェイスが必要です。まだオーディオインターフェイスをお持ちでないかたはかならず準備しましょう。

 

 

1.Webサイトから最新のドライバーをインストールし、パソコンにオーディオインターフェイスを接続します。

最新のドライバーは製品のWebサイトなどからダウンロードできます。

 

2.Studio Oneを起動させます。

 

3.[オーディオデバイスを設定]をクリックします。

 

4.[オーディオデバイス]をお使いのオーディオインターフェイスに切り替えます。

 

5.[オーディオデバイスをバックグラウンドで解除]にチェックを入れて[OK]をクリックしましょう。

 

6.これでオーディオインターフェイスのセットアップが完了しました。

 

 

MIDIキーボードを接続する


MIDIキーボードは打ち込み作業を効率良く行うために必要なアイテムです。まだMIDIキーボードをお持ちでないかたはかならず準備しましょう。

 

1.MIDIキーボードをパソコンに接続する。

MIDIキーボードはパソコンと繋ぐだけでセットアップが完了するものが多いですが、まれに製品のWebサイトからドライバーをインストールする必要がある機種もあります。

 

2.Studio Oneを起動させます。

 

3.[外部デバイスを設定]をクリックしましょう。

 

4.[追加]をクリックします。

 

5.新規キーボードを選びましょう。

 

6.[デバイス名]に分かりやすい名前を付けて、[受信元]をお使いのMIDIキーボードに変更して[OK]をクリックします。

 

7.これでMIDIキーボードのセットアップが完了しました。

USBハブを上手く活用しよう

DTMはUSBで接続する機材が多いので、パソコン側のUSBポート数が足りなくなることがあります。そんなときはUSBハブを活用して機材を接続しましょう。

 

 

まとめ

今回はMIDIキーボードやオーディオインターフェイスのセットアップについて説明しました。これで音楽制作を始める準備が整ったので、Studio Oneを起動させて使ってみましょう。

Studio Oneの使い方記事も随時追加予定です。使い方が分からないかたは以下の記事も参考にしてみてください。

【Studio Oneの使い方講座】

2.ソングの新規作成/保存

Studio Oneの使い方講座 TOP

コメントを残す


CAPTCHA