さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

11.パターンエディターを表示する_Studio One

Studio Oneにはリズム系の打ち込みで便利なパターンエディターが用意されています。パターンエディターはボタンをON/OFFするだけで入力ができ、ドラムの打ち込みで活躍してくれます。

今回はドラム音源を準備し、パターンエディターを表示させる方法を説明します。それでは一緒に見ていきましょう。

 

 

 

ドラム音源を準備しよう!

まずはドラム音源を準備します。今回はStudio Oneに付属されているドラム音源「IMPACT XT」を使ってみましょう。

 

1.ブラウザからインストゥルメントを選択します。

 

2.インストゥルメントからプラグイン音源「IMPACT XT」を選びます。

 

3.アレンジビューにプラグイン音源「IMPACT XT」をドラッグ&ドロップしましょう。

 

4.プラグイン音源「IMPACT XT」が表示されました。

 

5.プラグイン音源「IMPACT XT」にドラムの音色を設定します。今回は「Balkan Lines」を選んでみましょう。

 

6.プラグイン音源「IMPACT XT」にドラムの音色が設定されました。

無料で使えるドラム音源を導入しよう!

Studio Oneは新たに音源を追加することもできます。無料で音も良いドラム音源を使用したいかたは、こちらの記事もあわせてご覧ください。
≫MT Power Drum Kit 2をダウンロードしよう!

 

7.これで打ち込みの準備は完了です。

 

 

 

パターンエディターを表示する

それでは、編集ビューにパターンエディターを表示させましょう。

 

1.ツールバーの矢印マークをクリックし、矢印ツールに切り替えます。

 

2.挿入位置へカーソルをセットします。今回は冒頭にカーソルをセットしました。

 

3.メインメニューの「イベント」から「パターンを挿入」を実行します。

 

4.空のパターンが1小節分作成されました。

 

5.パターンをダブルクリックし、パターンエディターを表示させます。

 

6.編集ビューにパターンエディターが表示されました。

 

7.今回はドラムを打ち込みたいので、左上にあるパッドアイコンをクリックし、ドラムモードに切り替えましょう。

 

8.パターンエディターがドラムモードに切り替わりました。

 

 

まとめ

今回はドラム音源を準備し、パターンエディターを表示させる方法を説明しました。パターンエディターはドラムの打ち込みで活躍してくれるので、表示方法はしっかりと覚えておきましょう。

Studio Oneの使い方記事は随時追加予定です。使い方が分からないかたは以下の記事も参考にしてみてください。

【Studio Oneの使い方講座】

10.リアルタイム入力とステップ録音

12.パターンエディターで打ち込もう!

Studio Oneの使い方講座 TOP

コメントを残す