さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

5.拍子やテンポを設定しよう!_Cubase

音楽制作を始める前に覚えておきたいのが、プロジェクトの拍子やテンポの設定方法です。拍子やテンポは楽曲のイメージを大きく左右するものなので、かならず設定しましょう。

今回は音楽制作を始める前に知っておきたいテンポや拍子の設定方法について説明します。それでは一緒に見ていきましょう。

 

 

 

 

拍子を設定する

まずはプロジェクトに拍子を設定しましょう。今回は4/4拍子を3/4拍子に変更してみます。

 

1.拍子を確認しやすいように、MIDIトラックを1つ準備します。

 

2.MIDIトラックが1つ追加されました。

 

3.ツールバーの鉛筆マークを押し、MIDIトラックを左クリックします。

 

4.キーエディターが表示されました。

 

5.キーエディターのルーラーを見ると、現在4/4拍子なのが確認できる。

 

6.これを3/4拍子に変更するため、トランスポートバーの拍子をクリックします。

 

7.拍子が表示されていない場合は、テンポの右端にカーソルを合わせて表示させましょう。

 

8.拍子に3/4と入力します。

 

9.プロジェクトが3/4拍子に変更されました。

 

途中から拍子を変更する

途中から拍子を変更する場合は、拍子トラックを使用します。今回は2小節目以降の拍子を4/4拍子に変更してみましょう。

 

1.拍子トラックを追加します。

 

2.拍子トラックが追加されました。

 

3.現在は3/4拍子なので、2小節目以降を4/4拍子に変更します。

 

4.ツールバーの鉛筆マークを押し、2小節目を左クリックします。

 

5.2小節目以降が4/4拍子に変更されました。

 

6.ちなみに、拍子を再度変更する場合は、左ゾーンで修正することができます。

拍子を削除する

拍子を削除する場合は消しゴムマークを押し、消したい位置をクリックします。

 

 

 

テンポを設定する

次はプロジェクトにテンポを設定しましょう。今回はテンポを120から100へ変更してみます。

 

1.テンポはトランスポートバーで確認できます。現在のテンポは120になっている。

 

2.Cubaseでは2つのテンポを設定できるようになっており、ボタンを押すことでテンポを切り替えることができる。

 

3.最初から最後まで同じテンポにする場合はボタンを押して、テンポトラックをオフにします。

 

4.そして、テンポに「100」と入力すれば、プロジェクトのテンポが100に切り替わります。

 

途中からテンポを変更する

途中からテンポを変更する場合は、テンポトラックを使用します。今回は2小節目以降のテンポを80へ変更してみます。

 

1.テンポトラックを追加します。

 

2.テンポトラックが追加されました。

 

3.ボタンを押して、テンポトラックをオンにします。

 

4.そして、テンポトラックの2小節目をドラッグしましょう。

 

5.すると、左ゾーンに2小節目のテンポが表示されます。

 

6.左ゾーンにテンポを「80」と入力すれば、2小節目以降のテンポが80に切り替わります。

テンポを削除する

テンポを削除する場合は消しゴムマークを押し、消したい位置をクリックします。

 

テンポを徐々に変更する

テンポは徐々に変更することもできます。今回は3小節目から4小節目に向かって、徐々にテンポが上がるように設定しました。

 

1.まずはスナップをONにし、単位を小節にします。こうすることで小節単位でテンポを調整できる。

 

2.テンポが変化し始める3小節目頭をクリックする。

 

3.4小節目をテンポ150までドラッグしましょう。

 

4.ウィンドウレイアウトの設定をクリックします。

 

5.情報ラインにチェックを入れて表示させましょう。

 

6.タイプをクリックし、「ジャンプ」から「引き寄せ」に変更します。

 

7.3小節目から4小節目に向かって、徐々にテンポが上がるようになりました。

 

 

まとめ

今回は拍子とテンポの変更方法について説明しました。拍子やテンポは楽曲のイメージを大きく左右するものなので、この章でしっかりと理解しましょう。

Cubaseの使い方記事は随時追加予定です。使い方が分からないかたは以下の記事も参考にしてみてください。

Cubaseの使い方講座 TOP

コメントを残す


CAPTCHA