さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

Studio OneにSynth1を導入する方法


今回はStudio OneにSynth1を導入する方法を説明します。まだSynth1のダウンロードを終えていないかたは、下記の記事を見ながらダウンロードを済ませてください。

 

 

Studio OneにSynth1を導入する

Studio Oneはグレードによって外部プラグインを導入できない場合があります。Synth1を導入させる前に、お使いのStudio Oneのグレードをよく確認しましょう。

Studio One Professional
〇:導入可能です。
Studio One Artist
△:別売りのアドオンが必要になります。
Studio One Prime
X:導入することができません。

 

1.Studio Oneを起動します。

 

2.Studio Oneのメニューから「Studio One」→「オプション」をクリックしましょう。

 

3.「ロケーション」→「VSTプラグイン」を選択します。

 

4.「追加」をクリックし、「Synth1」フォルダを選択する。

 

5.ロケーションにSynth1が入っていることを確認し、「適用」をクリックします。

 

6.以下のようなダイアログが表示されたらそのまま「OK」を押し、オプションも閉じましょう。

 

7.新規ソングを作成し、インストゥルメント内にあるSynth1を選択します。

 

8.Synth1をトラックまでドラックさせます。

 

9.Studio OneでSynth1が使えるようになりました。

 

 

まとめ

今回はStudio OneにSynth1を導入する方法を説明しました。Synth1は初心者にも使いやすいフリー音源なので、シンセの使い方を学びたいかたにおすすめです。

 

Synth1の使い方も記事にしているので、使い方が分からないかたは参考にしてみてください。

次回は「Synth1で学ぶ!シンセの基本」です。

 


【Synth1で学ぶシリーズ】
Synth1を導入してみよう!
Synth1で学ぶ!シンセの基本
Synth1で学ぶ!オシレーターの使い方①
Synth1で学ぶ!オシレーターの使い方②
Synth1で学ぶ!アンプの使い方
Synth1で学ぶ!フィルターの使い方①
Synth1で学ぶ!フィルターの使い方②
Synth1で学ぶ!アルペジエーターの使い方


コメントを残す


CAPTCHA