さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

準備はこれだけ、エレキギターに必要なもの7選!


エレキギターはギターを買うだけでは始めることができません。エレキギターを始めるには、ギターアンプやピックなど、いろいろと揃えるべきものがあります。

今回はエレキギターを始めるうえで、かならず揃えたいものを紹介していきます。

 

 

かならず揃えたいもの

エレキギターを始めるために必要なアイテムは以下の7点です。

 

エレキギター


まずはエレキギター本体です。これがなければ始まりません。エレキギターにはさまざまな色やカタチがあり、価格も安いものから高いものまで幅が広いです。

これからギターを始めるかたが、まず最初にぶつかる壁が、このギター選びになります。

 

ピック


ギターはピックを持って演奏します。ピックは1枚100円前後と比較的安価なものですが、素材やカタチなどによって弾きやすさが変化するため、意外と奥深いアイテムになります。

ピックは人それぞれ合うものが違うので、色んなピックを試してみて、自分に合うものを見つけましょう。

 

チューナー


ギターの音程を合わせるためのアイテムです。ギターは時間と共に音程が変化する楽器なので、定期的にチューニングを行う必要があります。

チューナーにも色んな種類がありますが、初心者には手軽に使えるクリップチューナーがおすすめです。

 

シールド


シールドとはギターとアンプを繋ぐケーブルのことです。シールドはアンプ以外にもエフェクターやチューナーにも使うので、最低でも2本くらいは持っておきましょう。

 

ギターアンプ


エレキギターが持つ本来のサウンドを出すにはギターアンプが必要です。エレキギターはアンプがなくても弾くことは可能ですが、アンプの通さない練習は上達に影響を与えます。

ギターアンプはスタジオで使うものというイメージを持っているかたが多いかもしれませんが、各メーカーから自宅練習用の小型アンプが販売されています。1台は持っておきましょう。

≫ギターアンプの種類と選び方

 

ギタースタンド


ギターを立てかけるためのスタンドです。ギターは非常にデリケートな楽器ですので、使わない時はギタースタンドに立てかけて保管するようにしましょう。

ギタースタンドには立てかけタイプや吊り下げタイプなど、いろんなタイプがありますが、自分の用途に合ったものを選ぶようにしてください。

 

エレキギター弦


エレキギター弦は消耗品ですので、替えの弦はかならず用意しておきましょう。始めのうちは弦交換に失敗することも多いので、同じものを2~3セット持っておくと安心です。

≫エレキギター弦の種類と選び方

 

 

必要に応じて揃えたいもの

エレキギターを始める際にあると便利なものは以下の5点です。

 

教則本


教則本にはコードの押さえ方やギターの奏法など、ギタリストならば知っておかなければいけない情報がたっぷりと詰まっています。

エレキギターは買ったらすぐに弾けるようなものではないので、楽器店で自分に合いそうな教則本を見つけたら、手元においておくようにしましょう。

≫教則本の選び方

 

エフェクター


エフェクターはギターのサウンドを変化させるアイテムです。エフェクターには歪み系や空間系など、いろいろありますが、1台目はギターらしいサウンドが出せる歪み系がおすすめです。

 

ギターストラップ


ギターストラップは立って演奏するときに必要です。ギターの練習は座って行うかたが多いと思いますが、座って弾くことに慣れてしまうと、立って弾くことに苦労します。

ギターの練習を行う際はストラップを取り付けて、立ち弾きにも慣れるようにしましょう。

 

メトロノーム


メトロノームは正確なリズムを刻んでくれるアイテムです。ギターの上達にはリズムを養う練習も必要不可欠になるので、なるべく早いうちから使うようにしましょう。

 

譜面台


ギターの練習には譜面台を使いましょう。教則本や楽譜を見ながら練習するときに便利です。譜面台は収納場所に困らない折りたたみ式がおすすめです。

≫譜面台の選び方

 

 

まとめ

今回はエレキギターを始めるうえで必要なアイテムを紹介しました。ギターには意外と必要なものが多く、揃えるのが大変だと思われたかたも多いかもしれません。

始めのうちは分からないことが多くて苦労すると思いますが、最低限必要なものはしっかりと揃えて、充実したギターライフを送りましょう。

コメントを残す


CAPTCHA