さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

  1. TOP
  2. ギター
  3. シールドの接触不良には、これを使え!

シールドの接触不良には、これを使え!

長年、同じギターシールドを使用していると、プラグ部分の汚れや酸化が目立つようになり、接触不良を起こすようになります。

この状態になれば、シールドの買い替えを検討しても良いですが、ある程度の汚れや酸化ならば、接点復活剤で回復が見込める場合があります。

接点復活剤を使ってみよう


接点復活剤とは、金属接点(プラグやジャック)の汚れや酸化を取り除き、導通を改善させるアイテムです。状態が酷すぎるものには、改善が見込めない場合もありますが、軽度のものならば改善させることができます。

 

ギターシールドのプラグに使う場合


スプレーが思った以上に飛ぶので、シールドの下にクロスを敷いて吹きかけるようにしましょう。その後、クロスでプラグを擦ってやると、導通が改善されます。

 

ギターやエフェクターのジャックに使う場合


接点復活剤は、金属部以外には付着させないほうが良いので、綿棒に接点復活剤を染み込ませて、塗布するように使用してください。

直接ジャックへ吹きかけたほうが楽ですが、機器の故障に繋がるので絶対に止めましょう。

定番の接点復活剤

楽器店によく置いてあるエレクトロハーモニックスの接点復活剤。ベタつきの少ないサラッとした使い心地で、価格もお手頃で手に取りやすいです。定番商品なので安心して使うことができます。

まとめ

今回はシールドの接触不良を改善させる方法を説明しました。シールドも消耗品の1つですので、汚れや酸化が目立つようになれば、買い替えるのも有りでしょう。

しかし、接点復活剤を使用すれば、劇的に導通が改善される場合もあります。シールドの買い替えを決める前に、1度試してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

コメントを残す


CAPTCHA