さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

ギターピックの種類と選び方


ギターはピックを持って演奏します。ピックにはさまざまな形状や素材があり、使うものによって弾きやすさや音色などが変わってきます。

また、手汗の量やプレイスタイルによっても使いやすさが変わるので、各自でいろんなピックを試してみて、自分に合うものを見つけましょう。

ピックの形状

ピックの形状は大きく分けて3種類あります。

ディアドロップ型

もっともポピュラーな形状なので、多くのギタリストが使用しています。先端に向かうにつれて、シャープになっていくので、ピッキング時の抵抗が少なく、素早いピッキングが行えます。

 

トライアングル型

通称おにぎり型ピック。ディアドロップ型よりもサイズが大きく、先端の角度が緩いのが特徴。弦に接地する面積も広いので、コード弾きやカッティングに適した形状になっています。

 

ジャズ型

ディアドロップ型よりもさらに先端を尖らせたピック。サイズが他のタイプよりも小さいため、繊細なプレイを必要とするジャズやHR・HM系のギタリストに愛用者が多い。

ピックの厚さ


ピックの厚さは大きく分けて3種類あり、ピックが薄いほどピッキング時の抵抗が少なく、厚いほどアタック感が出るようになっています。

Thin(極薄)  : 約0.5mm
Medium(普通): 約0.8mm
Heavy(分厚い): 約1.0mm

違いは0.2~0.3mmほどの微々たる差ですが、この差が大きな変化を生みます。厚みはピッキングに大きな影響を与えるので、まずは中間のMedium(普通)から試していきましょう。

ピックの素材

ピックは、素材でもいろんな変化を与えます。1つずつ特徴を見ていきましょう。

セルロイド

もっともポピュラーな素材で、フェンダーやギブソンピックにも使われています。柔軟性があり使い勝手もよいので、使われているかたが多いです。

ただし、摩擦に弱いのですぐに削れてしまうという欠点もあります。

 

ナイロン

セルロイドに次いで人気な素材で、ジムダンロップやシェクターピックなどに使われています。ナイロンピックは、硬めで磨耗に強いので、長く使うことができます。

 

デルリン

デルリンは軽くて丈夫なプラスチック素材で、ジムダンロップ製がもっとも人気があります。やや削れやすいという欠点もありますが、耐水性や耐熱性も兼ね備えたピックです。

 

ウルテム

割と最近使われ出した素材で、クレイトンやフェルナンデスピックなどに使われています。人間の爪に近いという特徴があり、近年人気があるピックの1つです。

歴史は浅いですが、摩擦にも強くて長持ちします。

おすすめのギターピック

今まで使用してきたピックの中で「これは使いやすい」と思ったものを紹介します。

いろいろと試してきた中で1番使いやすかったピック。通常のディアドロップ型よりも先端が鋭くなっているので、ピッキングがしやすくなっています。

このポール・ギルバートモデルは評判がよく、結構使っているかたを見かけますね!

 

知人の紹介で知ったジャズ型ピック。初めて持った時、手に凄くフィットしたのでお気に入りの1枚になりました。サイズが小さいので、速いフレーズも対応しやすい。

こちらも評判が良く、使っているかたが多い。

まとめ

今回はピックについて説明しました。ピックは音のニュアンスや弾きやすさに大きな影響を与えるアイテムなので、妥協せずに自分に合うものを見つけましょう。

コメントを残す


CAPTCHA