さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

Cubase体験版をダウンロードしてみよう!


今回はCubase体験版の導入方法を説明します。Cubaseは世界中に多くのユーザーを持つソフトで、国内でもトップシェアを誇るDAWソフトになっています。

体験版のダウンロードには少々時間がかかりますが、トップシェアを誇るDAWソフトを一度体験してみましょう。

 

 

Cubase Elements 10 体験版 ダウンロードガイド

1.公式サイトにある体験版をクリックします。

 

2.Cubase Elements 10 体験版をダウンロードします。下記の赤丸にチェックを入れて、購読をクリックしてください。

公式サイトにはCubase Pro 10 体験版もありますが、こちらはUSB-eLicenserを購入しないと使えないので、間違えないようにしましょう。

 

3.登録したメールアドレスにメールが来るので、赤枠をクリックします。

 

4.MySteinbergアカウントを作成するため、パスワードを決めて入力します。

 

5.体験版のダウンロードリンクがメール送信される。

 

6.入力したメールアドレスにダウンロードリンクとアクティベーションコードが届くので、各自でお使いのOS版をダウンロードします。

 

7.手順通りに進めてSteinberg Download Assistantをインストールしてください。

 

8.インストールが終わると、下のアイコンが作成されるので、クリックします。

 

9.Cubase Elements 10のフルをダウンロードします。ダウンロードには結構時間がかかるので、時間があるときに行いましょう。ADSLだと7時間前後かかりました。

 

10.ダウンロードしたフォルダーを解凍します。

 

 

Cubase Elements 10 体験版 インストールガイド

1.赤枠をクリックして、手順通りに進めます。

 

2.赤枠をクリックして、手順通りに進めます。

 

3.インストール完了!

 

4.Cubase LE AI Elements 10をクリックし、メールに記載されていたアクティベーションコード入力します。

 

5.使用期間を開始するをクリックする。

 

6.Cubaseが立ち上がりました。使用期間は30日なので、期間内にいろいろ試してみましょう。

 

 

まとめ

今回はCubase体験版の導入方法を説明しました。導入手順が少々分かりづらく、大変だったかもしれませんが、無事にインストールまで行えたのではないでしょうか?

今後はCubaseの使い方記事も追加する予定なので、お楽しみに

コメントを残す


CAPTCHA