さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

1.Dominoをダウンロードしてみよう!


今回は定番なシーケンサーソフト「Domino」の導入編です。DominoはDAWソフトほど万能ではありませんが、非常にシンプルで使い勝手のよいフリーソフトになっています。

第1回ではDominoの導入から初期設定まで解説していこうと思います。

 

 

Dominoの導入方法

まずはパソコンにDominoを導入しましょう。

 

1.公式サイトからDominoをダウンロード

 

2.保存したファイルを解凍します。

 

3.Dominoのショートカットを作成する。

 

4.デスクトップにショートカットを移動させる。

 

5.名前をDominoに変更する。

 

 

Dominoの初期設定

次はDominoの初期設定を行います。

MIDI音源の設定

DominoはMIDIシーケンサーソフトなので、MIDI音源を設定する必要があります。

 

1.「ファイル」→「環境設定」をクリックして、MIDI-OUTを開く。

 

2.MIDI-OUTを次のように設定する。

 

3.これで音が鳴るようになりました。

 

MIDIキーボードの設定方法

MIDIキーボードをお持ちのかたは、Dominoで使えるように設定しましょう。

 

1.MIDIキーボードを接続した状態でDominoを起動させます。

 

2.「ファイル」→「環境設定」をクリックして、MIDI-INを開く。

 

3.MIDI-INデバイス1を接続中のMIDIキーボードに変更する。

 

4.これでMIDIキーボードで打ち込めるようになりました。

 

 

まとめ

今回はDominoの導入方法と初期設定について説明しました。Dominoは打ち込みに特化したソフトなので、DTM初心者が打ち込み経験を積むのにちょうどよいソフトになっています。

次回からは使い方講座に入るので、一緒にDominoの使い方をマスターしましょう

 


【Dominoの使い方講座シリーズ】
Dominoをダウンロードしてみよう!
【Dominoの使い方講座】基本操作を覚えよう!
【Dominoの使い方講座】音符入力と削除方法


コメントを残す


CAPTCHA