さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

【無料DAW】Pro Tools Firstをダウンロードしてみよう!


Pro ToolsにはPro Tools Firstという無料体験版が用意されています。DAWソフトの体験版には、試用期限が設けられていることが多いですが、こちらはずっとお使いいただけます。

今回はPro Tools Firstのダウンロード方法を説明します。Pro Toolsはプロ用としても有名なDAWソフトなので、この機会に試してみると良いでしょう。

 

 

Pro Tools Firstをダウンロードしよう!

まずはパソコンに導入する方法を説明します。

 

1.Pro Tools Firstのダウンロードサイトへ行きます。

 

2.Avidアカウントを作成するため、[アカウントの作成]をクリックします。既にアカウントをお持ちのかたは[ログイン]して先へ進みましょう。

 

3.名前やメールアドレスを入力し、[送信]をクリックします。

 

4.Pro Tools FirstにはiLokアカウントが必要です。iLokアカウントを作成するため、赤枠にチェックを入れましょう。

 

5.パスワード入力欄が表示されたら、先ほど作成したAvidアカウントのパスワードを入力します。そして[制作]をクリックしましょう。

 

6.アンケートに解答し、赤枠をクリックします。

 

7.入力したメールアドレスにダウンロードリンクが送信されました。メールを確認しましょう。

AvidアカウントのパスワードとiLok IDは後で必要になるので、メモしておきましょう。

 

8.ダウンロードリンク付きメールを開き、お使いのOS版のインストーラーをダウンロードします。ダウンロード出来たかたは11へ、出来なかったかたは9へ進みましょう。

 

9.上手くダウンロード出来なかったかたは、直接ダウンロードサイトへ行ってください。

 

10.下のほうにPro Tools Firstのダウンロードリンクがあるので、最新版をダウンロードしましょう。

 

11.ダウンロードが完了したら赤枠をクリックして、保存先を開きます。

 

12.保存先に先ほどダウンロードした圧縮ファイルがあると思うので、これを解凍します。

 

13.すべてを展開しましょう。

 

14.展開場所はデフォルトのままでOKです。

 

15.ファイルが展開されました。

 

16.解凍されたファイルを開き「setup」をクリックします。

 

17.日本語になっていることを確認し[OK]をクリックします。

 

18.Pro Tools Firstに必要なアイテムが表示されたら[インストール]をクリックしましょう。

 

19.赤枠をクリックして、次へ進んでください。

 

20.ライセンスに合意し、次へ進みます。

 

21.Pro Tools Firstのインストールを開始します。

 

22.インストールが完了しました。

 

23.インストールが完了したら、パソコンを再起動させましょう。

 

24.パソコンが立ち上がったら、iLok License Managerを起動させます。

 

25.左上の[Sign In]をクリックします。

 

26.iLok IDとパスワードを入力してログインしましょう。

 

27.ログインしたら[Available]をクリックします。

 

28.右側にあるPro tools Firstのライセンスを、左側にあるコンピューターアイコン上にドラッグ&ドロップしてください。

 

29.[OK]をクリックします。

 

30.アクティベーションが完了しました。

 

31.アクティベーションが完了したら、iLok License Managerを閉じます。

 

 

Pro tools Firstを起動しよう!

Pro tools Firstを立ち上げて、使う準備を行います。

 

1.Pro tools Firstを起動させます。

 

2.登録したメールアドレスとパスワードを入力して[Sign In]をクリックしてください。

 

3.[OK]をクリックします。

 

4.プレイバックエンジンを設定しましょう。

 

5.お使いのオーディオインターフェイスを選択して15へ進みます。オーディオインターフェイスをお持ちでないかたは6へ進んでください。

 

6.ASIO4ALLをダウンロードするため、ダウンロードサイトへ行きましょう。

 

7.[ASIO4ALL 2.14 – English]をクリックし、ダウンロードを行います。

 

8.ダウンロードが完了したら、[ASIO4ALL 2.14 – English]を開きます。

 

9.ASIO4ALLのセットアップを開始します。

 

10.ライセンスに合意し、次へ進みましょう。

 

11.そのまま[Next]を押して進んでください。

 

12.インストール先はデフォルトのままでOKです。

 

13.セットアップが完了しました。

 

14.Pro tools Firstを再び起動させて、プレイバックエンジンをASIO4ALL v2にします。

 

15.テンプレートを作成して次へ進みましょう。

 

16.これでPro Tools Firstを使う準備が整いました。

 

 

まとめ

今回はPro Tools Firstのダウンロード方法を説明しました。Pro Tools Firstは無料版であるため、いくつかの機能に制限はありますが、ある程度の音楽作成は行えるようになっています。

Pro Tools Firstをしばらく使ってみて自分に合いそうならば、機能に制限なく使える有料版へ切り替えてみても良いでしょう。

コメントを残す


CAPTCHA