さあ、DTMを始めよう!

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

5.メロディを入力しよう!_Synthesizer V


Synthesizer Vでメロディを入力するには、MIDIノートの打ち込み方を覚える必要があります。ノートの入力や編集方法を知ることで、ノートの打ち込みがスムーズに行えます。

そこでこの記事では、Synthesizer Vのマルチエディットツールと鉛筆ツールを使用して、MIDIノートの打ち込み方を詳しく説明します。

 

この記事を読めば、MIDIノートの入力や編集方法が分かるようになるので、Synthesizer Vでメロディを打ち込みたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

マルチエディットツールでMIDIノートを打ち込もう!

ここでは、マルチエディットツールを使ってMIDIノートを打ち込む方法を説明します。編集ツールをマルチエディットツールに切り替えて、実際にノートを入力してみましょう。

 

MIDIノートを入力する

MIDIノートを入力するには、ピアノロール上で打ち込みたい場所をダブルクリックします。

 

 

MIDIノートの長さを変更する

MIDIノートの長さを変更するには、ノートの端を左右にドラッグして動かします。

 

複数のMIDIノートの長さを変更する場合は、長さを変更したいノートをドラッグして囲みます。

 

長さを変更したいMIDIノートが選択されたら、選択したノートの端を左右にドラッグして長さを変更しましょう。

MIDIノートは重ならないように注意しよう!

MIDIノートは重なると半透明になって、音が出なくなります。ノート同士が重ならないように注意しましょう。

 

 

MIDIノートを移動する

MIDIノートを移動するには、移動したいノートをドラッグして動かします。

 

複数のMIDIノートを移動する場合は、移動したいノートをドラッグして囲みます。

 

移動したいノートが選択されたら、選択したノートをドラッグして移動しましょう。

 

 

MIDIノートを削除する

MIDIノートを削除するには、削除したいノートを選択し、PCキーボードの「Delete」を押します。

 

複数のMIDIノートを削除する場合は、削除したいノートをドラッグして囲みます。

 

削除したいノートが選択されたら、PCキーボードの「Delete」を押してノートを削除しましょう。

 

 

MIDIノートをコピーして貼り付ける

MIDIノートをコピーして貼り付けるには、コピーしたいノートをドラッグして囲みます。

 

コピーしたいMIDIノートが選択されたら、選択中のノートを右クリックして、「コピー」を選びましょう。

 

コピーを貼り付けたい位置を右クリックして「貼り付け」を選び、MIDIノートを貼り付けます。

 

 

MIDIノートを分割する

MIDIノートを分割するには、分割したい部分を右クリックします。

 

以下のような画面が表示されたら、「ノートを分割」を選びましょう。

 

選択したMIDIノートが分割されました。

 

 

MIDIノートを結合する

MIDIノートを結合するには、結合したいMIDIノートをドラッグして囲みます。

 

結合したいMIDIノートを選択したら、選択中のノートを右クリックして、「ノートを結合」を選びましょう。

 

選択したMIDIノートが結合されました。

 

 

鉛筆ツールでMIDIノートを打ち込もう!

ここでは、鉛筆ツールを使ってMIDIノートを打ち込む方法を説明します。編集ツールを鉛筆ツールに切り替えて、実際にノートを入力してみましょう。

 

MIDIノートを入力する

MIDIノートを入力するには、ピアノロール上で打ち込みたい場所をドラッグして長さを決め、ノートを作成します。

 

 

MIDIノートの長さを変更する

MIDIノートの長さを変更するには、ノートの端を左右にドラッグして動かします。

 

複数のMIDIノートの長さを変更する場合は、PCキーボードの「Ctrl」を押しながら、長さを変更したいノートをクリックしていきます。

 

長さを変更したいMIDIノートが選択されたら、選択したノートの端を左右にドラッグして長さを変更しましょう。

MIDIノートは重ならないように注意しよう!

MIDIノートは重なると半透明になって、音が出なくなります。ノート同士が重ならないように注意しましょう。

 

 

MIDIノートを移動する

MIDIノートを移動するには、移動したいノートをドラッグして動かします。

 

複数のMIDIノートを移動する場合は、PCキーボードの「Ctrl」を押しながら、移動したいノートをクリックしていきます。

 

移動したいノートを選択したら、選択したノートをドラッグして移動させましょう。

 

 

MIDIノートを削除する

MIDIノートを削除するには、削除したいノートをクリックし、PCキーボードの「Delete」を押します。

 

複数のMIDIノートを削除する場合は、PCキーボードの「Ctrl」を押しながら、削除したいノートをクリックしていきます。

 

削除したいノートを選択したら、PCキーボードの「Delete」を押してノートを削除しましょう。

 

 

MIDIノートをコピーして貼り付ける

MIDIノートをコピーして貼り付けるには、PCキーボードの「Ctrl」を押しながら、コピーしたいノートをクリックします。

 

コピーしたいノートを選択したら、選択中のノートを右クリックして、「コピー」を選びましょう。

 

MIDIノートの貼り付け方を設定します。設定パネルの「デフォルトの貼り付けパターン」を「再生位置に直接貼り付ける」に変更しましょう。

 

コピーを貼り付ける場所に再生位置をセットします。

 

PCキーボードの「Ctrl」+「V」を押して、コピーしたMIDIノートを貼り付けます。

 

 

MIDIノートを分割する

MIDIノートを分割するには、分割したい部分を右クリックします。

 

以下のような画面が表示されたら、「ノートを分割」を選びましょう。

 

選択したMIDIノートが分割されました。

 

MIDIノートを結合する

MIDIノートを結合するには、結合したいMIDIノートをドラッグして囲みます。

 

結合したいMIDIノートを選択したら、選択中のノートを右クリックして、「ノートを結合」を選びましょう。

 

選択したMIDIノートが結合されました。

 

 

 

共通操作を覚えよう!

ここでは、マルチエディットツールと鉛筆ツールで共通している操作方法を説明します。

MIDIノートを選択する
MIDIノートを移動する

 

MIDIノートを選択する

選択中のMIDIノートはPCキーボードを使用して、簡単に切り替えることができます。

 

次のMIDIノートを選択する

次のMIDIノートを選択するには、PCキーボードの「Tab」を押します。

 

前のMIDIノートを選択する

前のMIDIノートを選択するには、PCキーボードの「Ctrl」+「Tab」を押します。

 

複数のMIDIノートを選択する

複数のMIDIノートを選択するには、PCキーボードの「Ctrl」を押しながらノートを選択していきます。

 

すべてのMIDIノートを選択する

すべてのMIDIノートを選択するには、PCキーボードの「Ctrl」+「A」を押します。

 

選択中のMIDIノートを解除する

選択中のMIDIノートを解除するには、PCキーボードの「Esc」を押します。

 

指定した範囲のMIDIノートを選択する

指定した範囲のMIDIノートを選択するには、PCキーボードの「Shift」を押しながら、選択したい最初のノートと最後のノートをクリックします。

 

指定した範囲のMIDIノートが選択されました。

 

 

MIDIノートを移動する

MIDIノートの移動はPCキーボードを使用して、簡単に行うことができます。

 

横軸を固定してMIDIノートを移動する

横軸を固定してMIDIノートを移動するには、PCキーボードの「Shift」を押しながら、ノートを動かします。

 

縦軸を固定してMIDIノートを移動する

縦軸を固定してMIDIノートを移動するには、PCキーボードの「Ctrl」を押しながら、ノートを動かします。

 

MIDIノートを1オクターブ上げる

選択中のMIDIノートを1オクターブ上げるには、PCキーボードの「Ctrl」+「U」を押します。

 

MIDIノートを1オクターブ下げる

選択中のMIDIノートを1オクターブ下げるには、PCキーボードの「Ctrl」+「D」を押します。

 

MIDIノートを指定した数値分移動する

選択中のMIDIノートを指定した数値分移動するには、PCキーボードの「Ctrl」+「T」を押して、トランスポーズ画面を表示させます。

 

今回は選択したMIDIノートを半音2つ分上げたいので、ピッチシフトに「2」を入力しましょう。

 

3.選択したMIDIノートが半音2つ分上に移動しました。

 

 

まとめ

今回はSynthesizer Vのマルチエディットツールと鉛筆ツールを使用して、MIDIノートを打ち込む方法を説明しました。

これらのツールを使いこなすことで、より効率的にメロディを作成できるようになります。打ち込みの基本的な操作をマスターして、音楽制作に役立てましょう。

 

Synthesizer Vの使い方講座では、基本的な操作方法から各機能の使い方まで幅広く紹介していく予定です。ご興味があるかたは他の記事も合わせてご覧ください。

【Synthesizer V 使い方講座】

4.ピアノロールエリアの見方

6.歌詞を入力しよう!

< Synthesizer V 使い方講座 TOP

コメントを残す