さあ、DTMを始めよう!

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

辞書パネルを活用してみよう!_Synthesizer V


Synthesizer Vで歌詞を入力していると、単語が意図しない読み方で発音されることがあります。これを防ぎ、正確に発音させるためには、事前に単語の読み方を登録することが重要です。

そこでこの記事では、辞書パネルに単語の読み方を登録し、単語を希望通りの読み方で発音させる方法を説明します。

 

この記事を読めば、正確な読み方で単語を発音させることができるので、単語が意図しない読み方で発音されて困っている方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

意図しない単語の読み方

Synthesizer Vでは、あらかじめ単語の読み方が決められており、単語を入力すると、自動的にその決められた読み方で単語を発音します。

たとえば、Synthesizer Vで「光」という単語を入力すると、「ひかり(h i k a r i)」ではなく、「こう(k o u)」と発音されます。

 

「光」を「ひかり」と発音させるには、単語の読み方を1つずつ修正するか、辞書パネルに単語の読み方を登録しておく必要があります。

 

また、歌詞には本来の読み方とは違う読み方をする単語がよく登場します。たとえば、「時間(とき)」や「地球(ほし)」などです。

これらの単語も辞書に登録しておけば、登録した読み方で正確に発音させることができます。

 

 

辞書パネルに単語を登録しよう!

辞書パネルを使用するには、あらかじめ辞書に単語の読み方を登録する必要があります。まずは単語を登録するための辞書を作成しましょう。

 

新しい辞書を作成する

1.サイドパネルランチャーバーにある辞書アイコンをクリックし、辞書パネルを表示させます。

 

2.辞書パネルは歌声データベースが未設定だと使用できません。歌声データベースは必ず設定しておいてください。

 

3.「新規」をクリックし、新しい辞書を作成する画面を表示させます。

 

4.辞書に名前を付けます。辞書名に「My 辞書」と入力し、「確定」を押してください。

 

5.Synthesizer Vに「My 辞書」という名前の新しい辞書が作成されました。

 

6.作成した辞書は「削除」を押して消すこともできます。一緒に覚えておきましょう。

 

 

辞書に単語を登録する

1.単語を登録する辞書を選択します。現在の辞書を「My 辞書」に切り替えましょう。

 

2.辞書に登録したい単語を入力します。単語の欄に「光」という漢字を入れてください。

 

3.単語の欄に「光」と入力すると、音素が「k o u」と表示されます。これが単語の発音になります。

 

4.単語の発音を「ひかり」に変更します。音素の欄に「h i k a r i」と入力しましょう。

 

5.「登録」をクリックし、My辞書に「光(ひかり)」を登録します。

 

6.My辞書に「光(ひかり)」が登録されました。

 

7.辞書には複数の単語を登録することができます。必要に応じて、他の単語も登録しておきましょう。

 

8.また、登録した単語は「削除」を押して消すことも可能です。

 

 

 

辞書パネルを使ってみよう!

それでは、辞書パネルに登録した「光」という漢字を入力してみましょう。

 

1.使用する辞書を選択します。現在の辞書を「My 辞書」に切り替えてください。

 

2.ピアノロール上にMIDIノートを打ち込みます。

 

3.打ち込んだMIDIノートをダブルクリックし、「光」という漢字を入力しましょう。

 

4.「光」という漢字の発音が「こう」ではなく、「ひかり」になりました。

 

 

まとめ

今回は辞書パネルに単語の読み方を登録し、単語を希望通りの読み方で発音させる方法を説明しました。

辞書パネルを活用すれば、意図しない読み方で単語を発音させずに済むので、作業効率を大幅に向上させることができます。積極的に利用し、効率良く音楽制作を進めましょう。

 

Synthesizer Vの使い方講座では、基本的な操作方法から各機能の使い方まで幅広く紹介していく予定です。ご興味があるかたは他の記事も合わせてご覧ください。

 

< Synthesizer V 使い方講座 TOP

コメントを残す