さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

【商品レビュー】UniTune Clipを使ってみた


毎回、シールドに繋げてチューニングするのも面倒なので、UniTune Clipを購入してみました。クリップチューナーにしては少々高めですが、それだけの性能を持つ製品になっています。

今回はUniTune Clipを実際に使ってみた感想を書きたいと思います。同製品を検討しているかたやクリップチューナー選びに迷われているかたの参考になれば嬉しいです。

 

 

UniTune Clipを手にした感想


気軽に使えるチューナーということだけあって、本体サイズは思った以上にコンパクト。これぐらいの大きさならばポケットやギターケースにも難なく入れることができます。

UniTune Clipのクリップ部分はステンレス製であるため、耐久性も高くなっています。そのため、安価なチューナーのようにクリップが破損してしまう心配もないでしょう。

 

電源供給はコイン電池1個で最大18時間使用可能になっています。コイン電池は商品と一緒に同梱されているので、別途準備する必要はありません。

 

ただ、フタがちょっと開けづらい。この機材の唯一の欠点だと思う。

 

 

UniTune Clipを使ってみた


反応速度もチューニング精度も想像以上に高くて驚きました。安価なクリップチューナーだと、反応しないことも多々ありますが、これはそう言ったことがありません。

また、UniTune Clipには自動的に方向を感知し、ディスプレイに表示させる機能があります。とても地味な機能ですが、あると結構助かります。

 

 

まとめ

今回はUniTune Clipの商品レビューを書いてみました。クリップチューナーにしては少々高めですが、値段以上の価値がある商品だったので、買って正解だったと思います。

現在はメイン用チューナーとしてギター練習に欠かせないアイテムとなりました。このチューナーに切り替えたことで、シールド接続が不要となり、チューニングをサボることもなくなった。

 

●この商品はこんな人にオススメです●
シールドを繋げてチューニングするのが面倒な人
チューニングをサボりがちな人
自宅でギターの練習を行う人

 

今回はコチラの商品をレビューしました。

 

ちなみにUniTune Clipには上位モデルもあります。

価格は少々上がりますが、ポリフォニック・チューニング機能を搭載しており、全ての弦を同時にチューニングすることが可能です。

 

コメントを残す


CAPTCHA