さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

【機材レビュー】nanoKONTROL2を使ってみた


今回は「KORG nanoKONTROL2」の機材レビューです。私が実際に使ってみて感じたことや気になった点などを書いてみました。

 

 

購入までの経緯


フィジカルコントローラーは、MIDIキーボードほど使用頻度は高くないので、マウスでOKというのが最初の考えでした。

しかし、実際にマウスで操作してみると、音量の微調整がやりにくかったり1つずつ操作する必要があったりと、いろいろと不便に感じる部分が出てきてしまいました。

 

フィジカルコントローラーならば複数のパラメーターを同時に操作することができるので、やはり作業効率を上げるためにも導入したほうがよいだろうと思った。

 

 

 

商品を開封してみた


本体は非常にコンパクトで持ち運びしやすそう。厚みも3cmほどしかないので、使わないときは片づけやすく、置き場所に困る心配もないだろう。

チャンネル数は8つあり、各チャンネルにはツマミやフェーダーが用意されている。価格の割には十分な機能が備わっているので、初フィジコンにちょうど良さそう。

 

 

 

実際に使ってみた感想


ドライバーのインストールは一切不要だが、フィジコンの設定は少々面倒だった。SONARでは簡単に設定できたが、Cubaseでは少々時間がかかった。

説明書には各DAWソフトでの設定方法が記載されているが、簡易的な説明だけなので設定方法は各自でググったほうが良いかもしれない。

 

フィジコンで操作してみた


1時間ほど使用してみたが、フィジコンの便利さに感動した。特に全パートを再生させながら、複数パートの音量やパンを同時に調整できるのが大きい。

また、再生ボタンや巻き戻しボタンが地味に便利で、これがあるだけで作業がグッと楽になった。

 

 

 

しばらく使い続けた結果・・

現在はミキサー操作の必須アイテムになりました。やはり音量調整やパン設定などは、フィジコンを使用したほうが圧倒的に便利だと思う。

しかし、フィジコンまで使用するとUSBポートが足りなくなる可能性が高いので、USBハブはあったほうが良いかもしれない(笑)

 

 

 

まとめ

本格的な用途にはもっと高性能なものがよいかもしれないが、音量調整やパン設定を行う程度ならば、このフィジコンでも十分に役目を果たすことができると思う。

初めてのフィジコンや携帯用のフィジコンにおすすめできる1台です。

 

コメントを残す


CAPTCHA