さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

nanoKONTROL2を使ってみた【機材レビュー】

音量調整や録音/再生といったミキサー操作は、マウスよりもフィジカルコントローラーを使用したほうが便利そうだったので、nanoKONTROL2を購入してみました。

今回はnanoKONTROL2を実際に使ってみた感想を書きたいと思います。マウス操作に不満を感じているかたや本製品を検討しているかたの参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

nanoKONTROL2を選んだ理由


nanoKONTROL2を選んだ理由は「コンパクト、有名メーカー、高評価」の3条件を満たしていたからです。正直、他のフィジコンはサイズが大きくて、選択肢に入りませんでした。

 

 

 

nanoKONTROL2を手にした感想


本製品は非常にコンパクトで、持ち運びやすいフィジカルコントローラーです。厚みも3cmほどしかないので、使わない時は片づけやすく、置き場所に困る心配もなさそう。

チャンネル数は8つあり、各チャンネルにはツマミやフェーダーが用意されている。価格の割には十分な機能が備わっているので、初フィジコンならばベストチョイスだと思う。

 

 

 

nanoKONTROL2を使ってみた


本製品を1時間ほど使ってみましたが、複数パートを同時に調整できるフィジコンの便利さに感動しました。今まではマウスで1つずつ調整していたので、かなり作業効率が上がりました。

前々から「各パートの音量やパンが同時に調整できたらな~」と思っていたので、フィジコンを手に入れたことは、私の中では非常に大きい。

 

あと再生ボタンと巻き戻しボタンが地味に便利

 

 

まとめ

今回はnanoKONTROL2のレビューを書いてみました。nanoKONTROL2は価格が安く、持ち運びもしやすいので、手元に1台置いておくと非常に便利です。

フィジカルコントローラーは設定が少々ややこしいですが、説明書やネット情報を頼りに頑張って設定しましょう。

 

この商品はこんな人にオススメです

音量やパンは手元で操作したい
複数パートを同時に調整したい

 

 

 

今回はこちらの商品をレビューしました。

nanoKONTROL2


Amazonで探すサウンドハウスで探す楽天市場で探すYahoo!ショッピングで探す

 

レビュー記事 TOP

コメントを残す


CAPTCHA