さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

DEXEDをダウンロードしてみよう!


DEXEDは1983年に発売したシンセサイザー「YAMAHA DX7」を再現したVSTプラグインです。フリーシンセではSynth1が有名ですが、こちらも良質なソフトシンセになっています。

今回はDEXEDをダウンロードし、DAWソフト上で使えるようにする方法までを説明します。

 

 

DEXEDをダウンロードしよう

まずはDAWソフトに導入する準備を行います。

 

1.DEXEDのダウンロードサイトへ行きます。

 

2.お使いのOSを選択します。今回はWindows版が欲しいので、赤枠をクリックしてダウンロードを開始します。

 

3.ダウンロードが完了したら、ファイルをデスクトップへ移動させましょう。

 

4.移動したファイルをデスクトップ上に解凍します。

 

5.ファイルが解凍されました。

 

6.解凍したファイルを開き、赤枠をクリックします。

 

7.ライセンスに同意して、[Next]をクリックしましょう。

 

8.そのまま[Next]を押して進みます。

 

9.インストール先をデスクトップに変更し、[Next]を押します。

 

10.こちらもインストール先をデスクトップに変更し、[Next]を押します。

 

11.インストールするものを確認し、[Next]を押して進みましょう。

 

12.そのまま[Next]をクリックしてください。

 

13.インストールを開始します。

 

14.インストールが完了したら[Finish]を押して閉じましょう。

 

15.デスクトップに「Dexed.dll」が作成されました。

 

16.デスクトップにソフト音源フォルダーを作成していないかたは準備します。

 

17.ソフト音源フォルダー内にDexedフォルダーを作成します。

 

18.Dexedフォルダーを開き、先ほどインストールした「Dexed.dll」を移動させましょう。

 

19.これで準備が整いました。

 

 

DAWソフトにDEXEDを導入しよう

先ほどインストールしたDEXEDをDAWソフトに導入します。今回はCubaseとSONAR、Studio OneにDexedを導入する方法を紹介します。

他社ソフトのかたは申し訳ないですが、各自でお調べください。

DAWソフトにDEXEDを導入する

 

 

まとめ

今回はDAWソフトにDEXEDを導入する方法を説明しました。DEXEDはパラメーターが多く、使いこなすのが大変ですが、音はとても良いのでダウンロードしておくことをおすすめします。

コメントを残す


CAPTCHA