さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

CubaseにDEXEDを導入しよう!


今回はCubaseにDEXEDを導入する方法を説明します。まだ本ソフトを音源フォルダーに保存していないかたは、こちらの記事からご覧ください。

 

 

CubaseにDEXEDを導入する

1.ソフト音源フォルダーに保存したDEXEDフォルダーを開きます。

 

2.DEXEDフォルダー内にあるDEXED.dllをコピーして、デスクトップに貼りつけます。

 

3.CubaseのVSTPluginsフォルダーにコピーしたファイルを移動させます。VSTPluginsフォルダーの場所は緑枠を参考にしてください。

 

4.ファイル移動時に管理者の権限を求められることがあります。表示された時は続行を押して進みましょう。

 

5.これでDEXEDを使う準備が整いました。

 

6.Cubaseを起動し、右側のVSTインストゥルメントをクリックします。

 

7.プラグインリスト内にあるDEXEDをトラックまでドラックさせます。

 

8.これでDEXEDが使えるようになりました。

 

 

まとめ

今回はCubaseにDEXEDを導入する方法を説明しました。DEXEDはパラメーターが多く、使いこなすのは難しいですが、プリセットを選ぶだけでもシンセサウンドを体験できます。

DEXEDは無料で使える良質なソフトシンセなので、この機会に試してみると良いでしょう。

Cubaseの使い方講座 TOP

コメントを残す


CAPTCHA