さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

CubaseにSynth1を導入する方法


今回はCubaseでSynth1を使えるようにする方法を説明します。まだSynth1のダウンロードを終えていないかたは、こちらの記事から見てください。

 

 

CubaseにSynth1を導入する

1.Synth1内にあるSynth1 VST64.dllのコピーをデスクトップに作成する。

 

2.CubaseのVSTPluginsフォルダーにSynth1 VST64.dllを移動させる。

 

3.管理者の権限は続行をクリックする。

 

4.これでSynth1を使う準備が完了しました。

 

5.Cubaseを起動させて、右側のVSTインストゥルメントをクリックします。

 

6.リスト内にSynth1があるのでトラックまでドラックさせます。

 

7.これで使えるようになりました。

 

 

まとめ

今回はCubaseにSynth1を導入する方法を説明しました。Synth1は無料で使えるソフトシンセなので、シンセの使い方を学ぶのに最適なソフトとなっております。

次回は「シンセの基本」です。お楽しみに

 


【Synth1で学ぶシリーズ】
Synth1を導入してみよう!
Synth1で学ぶ!シンセの基本
Synth1で学ぶ!オシレーターの使い方①
Synth1で学ぶ!オシレーターの使い方②
Synth1で学ぶ!アンプの使い方
Synth1で学ぶ!フィルターの使い方①
Synth1で学ぶ!フィルターの使い方②
Synth1で学ぶ!アルペジエーターの使い方


コメントを残す


CAPTCHA