さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

CubaseにPiano Oneを導入する方法


今回はCubaseでPiano Oneを使えるようにする方法を説明します。まだピアノ音源のダウンロードを済ませていないかたは、こちらの記事からご覧ください。

 

 

CubaseにPiano Oneを導入する

1.まずは赤枠のフォルダをコピーして、デスクトップに貼りつけます。

 

2.CubaseのVSTPluginsフォルダに先ほどコピーしたファイルを移動させます。VSTPluginsフォルダの場所は青枠を参考にして見つけてください。

 

3.ファイル移動時に管理者の権限を求められることがあります。表示された時は続行を押して進んでください。

 

4.CubaseのVSTPluginsフォルダにPiano1Xフォルダが移動しました。

 

5.移動を終えたPiano1Xフォルダを開き、Neo Pianoのセットアップを開始します。

 

6.画面の指示に従って、Neo Pianoのセットアップしていきましょう。

 

7.Neo Pianoのインストール先は、CubaseのVSTPluginsフォルダにします。

 

8.Neo Pianoのセットアップが完了したらCubaseを立ち上げて、右側のVSTインストゥルメントをクリックします。

 

9.プラグインリスト内にNeo_Piano_x64があると思うので、トラックの位置までドラックさせます。

プラグイン名がPiano Oneではなく、Neo Pianoになっていることに気をつけよう。

 

10.赤枠をクリックして、ピアノの音色を選択します。

 

11.先ほど移動したPiano1Xフォルダを開き、「Piano1.ins」を選択しましょう。

 

12.これでPiano Oneが使えるようになりました。

 

 

まとめ

今回はCubaseにPiano Oneを導入する方法を説明しました。Piano OneはYAMAHAのグランドピアノをモデリングしたものなので、クオリティーが高いピアノ音源になっています。

導入方法は少々ややこしいかもしれませんが、導入する価値のあるピアノ音源になっています。

コメントを残す


CAPTCHA