さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

【VST】無料で使えるおすすめのプラグイン音源4選!


DAWソフトにはあらかじめ複数の音源が内蔵されていますが

「付属音源は音質がイマイチ・・」

「そもそも使いたい楽器の音源が入っていない」

 

ということがよくあります。

 

そんなときはVSTプラグインを追加し、DAWソフトで使える音源を増やしていきましょう。

 

今回は無料で使えるおすすめのVSTプラグインを紹介します。

 

 

無料で使えるおすすめのVSTプラグイン【音源】

MT Power Drum Kit 2

【対応OS】Windows/Mac
元々有料販売していたドラム音源なので、フリーとは思えないクオリティーがあります。画面上にはドラムセットが表示されており、ドラムパターンもイメージしやすくなっています。

また、複数のドラムパターンがあらかじめ用意されており、ドラムの知識がないかたでもドラッグアンドドロップだけでドラムパートが作れます。

 

 

Piano One

【対応OS】Windows/Mac
YAMAHAのグランドピアノをモデリングしたピアノ音源。音色は1種類しかありませんが、16種類のプリセットと数多くのパラメーターが用意されており、幅広い音作りが可能になっています。

音源ファイルは900MBを超えるため、ダウンロードには少々時間がかかりますが、クオリティーが高いピアノ音源になっています。

 

 

Synth1
Synth1の公式サイトが復活したので、リンクを張り直しました。(2019.9.28)

【対応OS】Windows
DTM雑誌で1位に輝いたこともある説明不要の超定番ソフトシンセ。DTMで初めて使ったソフトシンセはSynth1というかたも多いのではないでしょうか?

Synth1はパラメーターの配置が非常に良く、これからシンセサイザーの使い方を学ぶかたにもおすすめなソフトシンセです。

 

 

DEXED

【対応OS】Windows/Mac
1983年に発売された「YAMAHA DX7」を再現したソフトシンセ。先ほど紹介したSynth1に比べるとパラメーターが多く使いこなすのは難しいですが、良質なソフトシンセになっています。

 

 

まとめ

今回は無料で使えるVSTプラグインを紹介しました。無料版では市販版のクオリティーに勝つことは難しいですが、気軽に試しやすいのが無料版の強みです。

無料で使える音源は他にもたくさんあるので、各自で探してみて気に入ったものを追加していくと良いでしょう。

合わせて読みたいDTMで使えるおすすめのフリーVSTプラグイン【エフェクター編】
DTMで使えるおすすめの市販音源〇選!

コメントを残す


CAPTCHA