さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

Piano Oneをダウンロードしてみよう!


Piano Oneは無料で使えるピアノ音源です。今回は同ソフトをダウンロードし、DAWソフト上で使えるようにする方法を説明します。

 

 

Piano Oneをダウンロードしよう

まずはPiano Oneをダウンロードし、DAWソフトに導入する準備をしましょう。

 

1.ダウンロードサイトへ行き、赤枠をクリックして音源ファイルを保存します。

 

2.ダウンロードが終わると「Piano1X.rar」という圧縮ファイルが保存されます。

 

3.rarファイルを解凍させるには解凍ソフトが必要です。持っていないかたはフリーソフトを探してダウンロードしましょう。ちなみに、私は7-Zipというソフトを使用しました。

Piano Oneの圧縮ファイルはサイズが大きいので、有名な解凍ソフト「Lhaplus」では解凍できません。

 

4.7-Zipのダウンロードが終わったら、Piano1X.rarを右クリックして展開させましょう。

解凍は「”Piano1X\”に展開」がおすすめです。この方法ならばフォルダ内に展開されるので、解凍されたファイルが分かりやすい。

 

5.Piano1Xフォルダ内に6つのファイルが解凍されれば、導入準備は完了です。

 

 

DAWソフトにPiano Oneを導入しよう

導入準備が整ったので、DAWソフトにPiano Oneを入れます。今回はCubaseとSONARに導入する方法を紹介するので、他社ソフトのかたは申し訳ないですが、各自でお調べください。

DAWソフトにPiano Oneを導入する

 

 

まとめ

今回はPiano Oneの導入方法を説明しました。同ソフトはYAMAHAのグランドピアノをモデリングしたものなので、クオリティーが高いピアノ音源になっています。

Piano Oneのファイルサイズは900MBを超えるため、ダウンロードに少々時間を取られますが、無料で使えるので試しに導入してみても良いかもしれません。

コメントを残す


CAPTCHA