さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

Piano Oneをダウンロードしてみよう!


Piano Oneは無料で使えるピアノ音源です。本ソフトはYAMAHAのグランドピアノをモデリングしたもので、クオリティーが高いピアノサウンドになっています。

今回はPiano Oneのダウンロード方法を説明します。それでは一緒に見ていきましょう。

 

 

Piano Oneをダウンロードしよう!

まずはパソコンにPiano Oneを導入する方法を説明します。

 

1.ダウンロードサイトへ行き、赤枠をクリックして音源ファイルを保存します。

 

2.ダウンロードが終わると「Piano1X.rar」という圧縮ファイルが保存されます。

 

3.rarファイルを解凍させるには解凍ソフトが必要です。持っていないかたはフリーソフトを探してダウンロードしましょう。ちなみに、私は7-Zipというソフトを使用しました。

Piano Oneの圧縮ファイルはサイズが大きいので、有名な解凍ソフト「Lhaplus」では解凍できません。

 

4.7-Zipのダウンロードが終わったら、Piano1X.rarを右クリックして展開させましょう。

解凍は「”Piano1X\”に展開」がおすすめです。この方法ならばフォルダー内に展開されるので、解凍されたファイルが分かりやすい。

 

5.Piano1Xフォルダー内に6つのファイルが解凍されれば、導入準備は完了です。

 

6.デスクトップにソフト音源フォルダーを作成します。

 

7.ソフト音源フォルダーに、先ほど解凍した「Piano1X」を移動させます。

音源の保存先を変えてしまうと読み込めなくなるので、場所を変えないフォルダーに保存しましょう。私の場合はデスクトップに音源フォルダーを作成して保存しています。

 

 

DAWソフトにPiano Oneを導入しよう

先ほどインストールしたPiano OneをDAWソフトに導入します。

 

DAWソフトにPiano Oneを導入する

 

まとめ

今回はPiano Oneのダウンロード方法を説明しました。本ソフトはクオリティーの高いピアノ音源になっているので、リアルな音を求めるかたにおすすめです。

コメントを残す


CAPTCHA