さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

Studio OneにDEXEDを導入する方法


今回はStudio OneにDEXEDを導入する方法を説明します。まだDEXEDのダウンロードを終えていないかたは、下記の記事を見ながらダウンロードを済ませてください。

 

 

Studio OneにDEXEDを導入する

Studio Oneはグレードによって外部プラグインを導入できない場合があります。DEXEDを導入させる前に、お使いのStudio Oneのグレードをよく確認しましょう。

Studio One Professional
〇:導入可能です。
Studio One Artist
△:別売りのアドオンが必要になります。
Studio One Prime
X:導入することができません。

 

1.Studio Oneを起動します。

 

2.Studio Oneのメニューから「Studio One」→「オプション」をクリックしましょう。

 

3.「ロケーション」→「VSTプラグイン」を選択します。

 

4.「追加」をクリックし、「DEXED」フォルダーを選択する。

 

5.ロケーションにDEXEDが入っていることを確認し、「適用」→「OK」をクリックします。

 

6.新規ソングを作成し、インストゥルメント内にあるDEXEDを選択します。

 

7.DEXEDをトラックまでドラックさせます。

 

8.Studio OneでDEXEDが使えるようになりました。

 

 

まとめ

今回はStudio OneにDEXEDを導入する方法を説明しました。DEXEDはパラメーターが多く、使いこなすのは難しいですが、プリセットを選ぶだけでもシンセサウンドを体験できます。

DEXEDは無料で使える良質なソフトシンセなので、この機会に試してみると良いでしょう。

コメントを残す


CAPTCHA