さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

Studio OneにMT Power Drum Kit 2を導入する方法


今回はStudio OneにMT Power Drum Kit 2を導入する方法を説明します。まだMT Power Drum Kit 2のダウンロードを終えていないかたは、こちらの記事からご覧ください。

 

 

Studio OneにMT Power Drum Kit 2を導入する

Studio Oneはグレードによって外部プラグインを導入できない場合があります。音源の導入を行う前にお使いのStudio Oneのグレードをよく確認しましょう。

Studio One Professional
〇:導入可能です。
Studio One Artist
△:別売りのアドオンが必要になります。
Studio One Prime
X:導入することができません。

 

1.まずは赤枠のフォルダをコピーして、デスクトップに貼りつけます。

 

2.Program FilesのVSTPluginsフォルダに先ほどコピーしたファイルを移動させます。VSTPluginsフォルダの場所は青枠を参考にしてください。

VSTPluginsフォルダが見当たらない場合は、各自でProgram Files内にVSTPluginsフォルダを作成しましょう。

 

3.ファイル移動時に管理者の権限を求められることがあります。表示された時は続行を押して進んでください。

 

4.これでMT Power Drum Kit 2を使う準備が整いました。

 

5.Studio Oneを起動させます。

 

6.メニューから[オプション]を開きます。

 

7.[ロケーション]→[VSTプラグイン]を選択します。

 

8.[追加]をクリックし、VSTPluginsフォルダを選択しましょう。

 

9.ロケーションにVSTPluginsフォルダが入っていることを確認し、[適用]をクリックします。

 

10.[OK]を押して、オプションを閉じましょう。

 

11.新規ソングを作成し、インストゥルメント内にあるMT Power Drum Kit 2を選択します。

 

12.MT Power Drum Kit 2をトラックまでドラックさせます。

 

13.MT Power Drum Kit 2が立ち上がると、下のような画面が表示されます。右下の[スキップ]を押してみましょう。

 

14.これでMT Power Drum Kit 2が使えるようになりました。

 

 

まとめ

今回はStudio OneにMT Power Drum Kit 2を導入する方法を説明しました。同ソフトは元々有料音源なので、無料とは思えないハイクオリティーなドラム音源になっています。

まだドラム音源をお持ちでないかたや付属されたドラム音源に不満をお持ちのかたは、この機会にダウンロードし、使ってみると良いでしょう。

コメントを残す


CAPTCHA