さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

7.ピアノロールビューで打ち込もう!_BandLab


前回記事からの続きです。前章では打ち込みの準備を整えました。本章ではマウスを使いながら、実際に打ち込み作業を行なってみましょう。

今回はピアノとストリングスパートを打ち込みながら、ピアノロールビューの使い方を説明します。それでは一緒に見ていきましょう。

 

 

ピアノロールビューの見方

まずはピアノロールビューの見方から説明します。

 

1.ピアノロールビューは鍵盤と入力画面がセットになったもので、縦が音の高さ、横が時間軸を表しています。

 

2.縦軸は以下の範囲で1オクターブとなっており、上へ行くほど音が高く、下へ行くほど音が低くなります。

 

3.横軸は以下の範囲で1小節となっており、1拍(4分音符)ごとにグリッド線(縦線)が入れられています。

 

4.グリッド線の間隔は、ピアノロールビューの「表示」メニューから「グリッド分解能」で変更することもできます。

 

5.試しに「1/8(8)」に変更してみましょう。

 

6.グリッド線が半拍(8分音符)ごとに表示されるようになりました。

グリッド線が表示されない

「1/8(8)」に変更してもグリッド線が追加されない場合は「垂直グリッド線を表示」にチェックを入れましょう。

 

 

ピアノパートを打ち込もう!

それでは実際にピアノパートを打ち込んでみましょう。

 

1.まずは「スマートツール」に切り替えます。打ち込みは「ドローツール」でも行なえますが、スマートツールのほうが使いやすくておすすめです。

 

2.打ち込むノート(音符)の長さを選択します。今回は「1/4(4分音符)」を選んでみました。

 

3.ピアノロール上で左ダブルクリックしてみましょう。

 

4.4分音符でMIDIノートが打ち込まれました。

 

5.打ち込んだMIDIノートは長さを変えることもできます。長さの変更は、MIDIノート端を左クリックしたまま左右にドラッグします。

 

6.また、打ち込んだMIDIノートは移動することもできます。MIDIノートの移動は、MIDIノートの真ん中を左クリックしたままドラッグします。

 

7.MIDIノートを削除する場合は、削除するMIDIノートの上で右クリックすると削除できます。

 

8.打ち込み方法を覚えたら、以下の楽譜を打ち込んでみましょう。

 

9.ピアノロールビューに打ち込むと、以下のようになります。

 

10.最後に再生ボタンを押して、ピアノパートを鳴らしてみましょう。

 

 

ストリングスパートを打ち込もう!

次はストリングスパートを打ち込んでみましょう。

 

1.まずはストリングスパートのピアノロールビューを表示させます。

 

2.ピアノパートと同じようにMIDIノートを打ち込んでみましょう。

 

3.ストリングスパートにCコード(ドミソ)を打ち込んでみました。

 

4.打ち込んだMIDIノートは移動させることもできます。移動させたいMIDIノートを囲むように、右クリックしながらドラッグしてみましょう。

 

5.Cコードが選択された状態になりました。

 

6.そして、選択したコードの中央付近を左クリックしたまま、Cコードを移動させます。

 

7.Cコードが1小節目から3小節目に移動しました。

 

8.今度はCコードをコピーしてみましょう。再びCコードを選択した状態にしてください。

 

9.そして「Ctrl」を押した状態でCコードを移動させます。

 

10.するとCコードが移動ではなく、複製されました。

一部のMIDIノートだけを選択する

選択したくないMIDIノートは「Ctrl」を押しながらクリックすることで、選択状態を解除できる。

 

コードの一番上と一番下のみを移動させたいときなどに使える。

 

11.それではストリングスパートのMIDIノートをすべて消し、以下の楽譜を打ち込んでみましょう。

 

12.ピアノパートを表示させながら打ち込みたいかたは、ピアノロールビューの「トラック」メニューから「すべてのトラックを選択」をクリックしてみてください。

 

13.すると、ピアノパートを表示させながら、ストリングスパートを打ち込むことができます。

 

14.ストリングスパートを打ち込み終えると、以下のようになります。

 

15.最後に再生ボタンを押して、聴いてみましょう。

 

 

まとめ

今回は実際にピアノとストリングスパートを打ち込みながら、ピアノロールビューの使い方を説明しました。本章の内容は打ち込みの基本になります。しっかりと理解しましょう。

Cakewalk by BandLabの使い方記事は随時追加予定です。使い方が分からないかたは以下の記事も参考にしてみてください。

BandLabの使い方講座 TOP

コメントを残す


CAPTCHA