さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

A-500SをWindows10で使えるようにする裏ワザ


DTMerの皆さん、Windows10への移行はお済でしょうか?OSのアップグレードは、今まで使えたソフトや機材が使えなくなる場合もあるので、移行することが出来ないというかたもおられると思います。

そこで今回は、Windows10で使えなくなってしまったMIDIキーボードをWindows10上でも使えるようにする方法を紹介します。

 

 

Windows10でA-500Sを使うには・・

Windows10に対応していないMIDIキーボードは、そのまま使うことはできません。Windows10上で使うためには、下記の2点が必要になります。

 

Windows10対応のMIDIインターフェイス

UM-ONE mk2は、Windows10に対応したMIDIインターフェイスです。MIDIインターフェイスをお持ちでないかたは、こちらを準備すると良いでしょう。

ちなみに古い機器でもドライバーでWindows10に対応している場合があります。MIDIインターフェイスをお持ちのかたは、一度調べてみるとよいでしょう。

 

9V電源アダプター

Windows10ではA-500Sのバスパワーは使えないので、別途アダプターを用意する必要があります。電源供給には9Vアダプターを使用してください。

 

 

A-500Sを使えるように設定しよう!

今回はYAMAHA UX16とBOSS PSA-100を使って説明します。UX16のほうは販売終了しているので、先ほど紹介したものか、Windows10に対応したものを準備しましょう。

 

1.A-500Sにアダプターを挿して、電源を入れます。電源供給にはアダプターを使用するので、電源スイッチはUSBではなく、DCにしてください。

 

2.パソコンとMIDIキーボードをMIDIインターフェイスで繋げます。MIDIインターフェイスのMIDI IN端子をA-500SのMIDI OUT端子に繋げましょう。

MIDIインターフェイスのMIDI IN端子を間違えて、A-500SのMIDI IN端子へ繋げてしまうかたも多いので、注意しよう。

 

3.各自でMIDIインターフェイスのWin10ドライバーをダウンロードし、インストールまで行います。

【Windows10ドライバー】
YAMAHA UX16
Roland UM-ONE mk2

 

4.DAWソフトでMIDIキーボードを使えるように設定する。

 

 

まとめ

今回はWindows10でA-500Sを使う方法を紹介しました。OSのアップグレードは、ソフトや機材に影響を与えるので、DTMerにとっても面倒な出来事の一つになっています。

しかし、サポート切れのOSはセキュリティに問題が生じる可能性が高いので、Windows7のサポートが終了する20年1月中旬までには、アップグレードを済ませるようにしましょう。

コメントを残す


CAPTCHA