さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

A-500SをWindows10で使えるようにする裏ワザ


今回は、Windows7からWindows10へアップグレードしたことで使えなくなったA-500SをWin10上で使えようにする方法を紹介します。

今回の裏ワザはA-500S以外でも使える方法なので、Win10へ移行したことで使えなくなった機材があるかたは、一度目を通してみると良いでしょう。

 

 

Windows10でA-500Sを使うには・・

Windows10に対応していないMIDIキーボードは、そのまま使うことはできません。Windows10上で使うためには、以下2点が必要になります。

 

Windows10対応のMIDIインターフェイス

UM-ONE mk2は、Windows10に対応したMIDIインターフェイスです。MIDIインターフェイスをお持ちでないかたは、こちらを準備しましょう。

古いMIDIインターフェイスでも使えるかも

古いMIDIインターフェイスでもドライバーをダウンロードすることで、Windows10に対応している場合があります。MIDIインターフェイスをお持ちのかたは、一度調べてみましょう。

 

9V電源アダプター

Windows10ではA-500Sのバスパワーは使えないので、別途アダプターを用意する必要があります。電源供給には9Vアダプターを使用してください。

 

 

A-500Sを使えるように設定しよう!

今回はYAMAHA UX16とBOSS PSA-100を使って説明します。UX16は販売終了しているので、先ほど紹介したものか、Windows10に対応したものを準備してください。

 

1.A-500Sにアダプターを挿して、電源を入れます。電源供給にはアダプターを使用するので、電源スイッチはUSBではなく、DCにしてください。

 

2.パソコンとMIDIキーボードをMIDIインターフェイスで繋げます。MIDIインターフェイスのMIDI IN端子をA-500SのMIDI OUT端子に繋げましょう。

MIDIインターフェイスの接続場所に注意しよう!

MIDIインターフェイスのMIDI IN端子をA-500SのMIDI IN端子に繋げてしまうかたが多いので、間違えないように注意しましょう。

 

3.各自でMIDIインターフェイスのWin10ドライバーをダウンロードし、セットアップまで行います。

【Windows10ドライバー】
YAMAHA UX16
Roland UM-ONE mk2

 

4.DAWソフトでMIDIキーボードを使えるように設定する。

 

5.これで使えるようになりました。

 

 

まとめ

今回はWindows10でA-500Sを使う方法を紹介しました。この裏ワザを使えば、Windows10で使えなくなった機材でも引き続き使い続けることが可能になります。

OSのアップグレードで使えなくなってしまった機材をお持ちのかたは、この方法を一度試してみることをおすすめします。

コメントを残す


CAPTCHA