さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

1.シンセの基本_Synth1


Synth1の使い方を学び始める前に、シンセサイザーの構成や各モジュールの役割をしっかりと理解しておきましょう。本章の内容はシンセの基本となっているので

「Synth1の使い方を覚えたい」

「Synth1で音作りがしたい」

 

というかたは是非最後までご覧ください。それでは一緒に見ていきましょう。

 

 

 

 

Synth1の構成


Synth1は基本3セクションであるVCO、VCF、VCAの3つで構成されており、各セクションにはEGやLFOが使えるようになっています。

これらはモジュールと呼ばれており、以下のような役割を持っています。

VCO:基本波形や音程を決定
VCF:不要な音をカット
VCA:音量を決める

EG:音に時間変化を与える
LFO:音に揺れを与える

 

 

 

Synth1で各モジュールを見てみよう!

各モジュールの役割を確認できたら、次はSynth1で各モジュールの場所を見てみましょう。

 

オシレーター(VCO)


Synth1のオシレーターは赤枠部分になっています。ここでは基本波形の種類を選択したり、音程を調整したりして、音色の土台となる波形を作ることができます。

 

アンプ(VCA)


Synth1のアンプは赤枠部分になっています。ここでは音色の音量を調整することができ、音の立ち上がる速さや音の減衰速度などを決めることができます。

 

フィルター(VCF)


Synth1のフィルターは赤枠部分になっています。ここではフィルターの種類を選択したり、カットオフ周波数を調整したりして、音色の不要な音をカットすることができます。

 

エンベロープ・ジェネレーター(EG)


Synth1のエンベロープ・ジェネレーターは既に基本3セクションに組み込まれています。オシレーターのEGは赤枠、アンプのEGは青枠、フィルターのEGは緑枠になっています。

EGは使う対象によって効果が変わり、音程や音量などに時間変化を与えます。

 

LFO


Synth1のLFOは赤枠部分になっています。ここでは音の揺れ方や揺らす速度を設定することができ、音色の音程や音量などに揺れを与えることができます。

揺らす対象は青枠で選択でき、オシレーターやアンプ、フィルターなどが選べます。

 

 

まとめ

今回はシンセサイザーの構成や各モジュールの役割について説明しました。シンセサイザーにはたくさんのツマミがあり、はじめは難しそうな印象を持っていたかたも多いと思います。

しかし、一つひとつのモジュールに目を向けてみると・・

「なんか、自分でも理解できそう

 

と思われたかたも多いのではないでしょうか?

 

次章からは、いよいよ各モジュールの機能説明に入ります。各機能についても一つずつ解説していくので、Synth1の使い方を覚えたいかたは次章以降もご覧ください^^

【Synth1の使い方講座】

2.オシレーター編①

Synth1の使い方講座 TOP

コメントを残す