さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

1.シンセの基本_Synth1


Synth1の使い方を学び始める前に、シンセサイザーの構成や各モジュールの役割をしっかりと理解しておきましょう。本章の内容はシンセの基本となっているので

「Synth1の使い方を覚えたい」

「Synth1で音作りがしたい」

 

というかたは是非最後までご覧ください。それでは一緒に見ていきましょう。

 

 

 

 

Synth1の構成


Synth1は基本3セクションであるVCO、VCF、VCAの3つで構成されており、各セクションにはEGやLFOが使えるようになっています。

これらはモジュールと呼ばれており、以下のような役割を持っています。

VCO:基本波形や音程を決定
VCF:不要な音をカット
VCA:音量を決める

EG:音に時間変化を与える
LFO:音に揺れを与える

 

 

 

Synth1で各モジュールを見てみよう!

各モジュールの役割を確認できたら、次はSynth1で各モジュールの場所を見てみましょう。

 

VCO(オシレーター)


Synth1には2つのオシレーターと1つのサブオシレーターが用意されており、赤枠の部分で各オシレーターの基本波形や音程を決めることができます。

VCOにはEGも組み込まれており、青枠がその部分にあたります。VCOにEGを使用すると、音程が変化します。

 

VCA(アンプ)


VCAは赤枠の部分になっており、こちらで音量を調整することができます。VCAにはEGも組み込まれており、青枠がその部分にあたります。VCAにEGを使用すると、音量が変化します。

 

VCF(フィルター)


VCFは赤枠の部分になっており、こちらで不要な音をカットすることができます。VCFにはEGも組み込まれており、青枠がその部分にあたります。VCFにEGを使用すると、音色が変化します。

 

 

LFO


Synth1には2つのLFOが用意されており、赤枠の部分で音の揺れ方を調整することができます。LFOは基本3セクションに使用することができ、青枠の部分で揺らす対象を設定します。

 

 

まとめ

今回はシンセサイザーの構成や各モジュールの役割について説明しました。本章はSynth1を使いこなす上で非常に重要な内容となっているので、かならず理解するようにしましょう。

Synth1の使い方記事は随時追加予定です。使い方が分からないかたは以下の記事も参考にしてみてください。

【Synth1の使い方講座】

2.オシレーター編①

Synth1の使い方講座 TOP

コメントを残す