さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

  1. TOP
  2. Synth1
  3. VCF編①(フィルターやカットオフ)(編集中)

VCF編①(フィルターやカットオフ)(編集中)


今回は音作りをする上で重要なフィルターやカットオフについて説明したいと思います。

1.カットオフ周波数
2.レゾナンス
3.フィルターの種類
4.3種類のローパス(LP12、LP24、LPDL)
5.スペクトラムアナライザーで見た各フィルター

 

Synth1で見ると、赤色で囲った部分になります。
<図1>VCF編①で説明する範囲

 

 

 

1.カットオフ周波数

<図2>カットオフ周波数

カットオフはフィルターのかかり始めを決めます。図3で見ると丁度赤点部分にあたり、つまみを右に回すほど赤点が右へ、左に回すほど赤点が左へ移動します。
<図3>ローパスフィルターのカットオフ

図3はローパスなので、右へ回すほどフィルターが開いて音を通し、左へ回すほどフィルターが閉じて音をカットします。

 

 

 

2.レゾナンス

<図4>レゾナンス

レゾナンスはカットオフ周波数付近の音を強調させるパラメーターです。このつまみを上げると、図5のように音がブーストされ、クセの強いシンセサウンドになります。
<図5>図3にレゾナンスをかけた例

図だけでは変化が分かりづらいので、レゾナンスをかけた例とかけなかった例の音源を用意しました。一緒に違いを確認してみましょう。

 

・レゾナンス無し

・レゾナンス有り

レゾナンスをかけると、シンプルなサウンドがクセの強いシンセサウンドになります。ただし、レゾナンスは音痩せやハウリングの原因になるので、かけすぎには注意しましょう。

 

 

 

3.フィルターの種類

<図6>フィルターのタイプ
図6-6.PNG
フィルターにはいくつか種類があります。ここでは代表的な4つのフィルターを紹介します。

 

ローパスフィルター

図6-7.PNG

<図7>ローパス

ローパスは低域を通して高域をカットするフィルターです。高域のキンキンとした耳障りな音をカットして柔らかい音色にしたり、音をこもらせたりするときに使います。

<ローパス使用例>
・高域をカットしてない音

カットオフ最大で全ての音を通すので、高域のキンキンとした音が耳障りに聞こえます。

・高域をカットした音

カットオフ(80)に設定。高域をカットしたので耳障りな音が消え、聴きやすくなりました。

 

ハイパスフィルター

図6-8.PNG

<図8>ハイパス

ハイパスは高域を通して低域をカットするフィルターです。ローパスとは逆の働きをします。ハイパスは軽いサウンドにしたい時や他楽器と低域でぶつかる時に使います。

<ハイパス使用例>
・低域をカットしてない音

ハイパスはカットオフ最小で全ての音を通します。今回はノイズ波形を使ってハンドクラップを再現してみました。

・低域をカットした音

カットオフ(90)に設定。低域カットで軽い音色になり、ハンドクラップがハイハットらしい音になりました。

 

バンドパスフィルター

図6-9.PNG

<図9>バンドパス

バンドパスは指定した周波数付近のみを通すフィルターです。それ以外の音をカットするので、ローパスとハイパスを組み合わせたフィルターとも言えます。
****

限られた音域だけを通すので、こもった音色になりますが、両方使わないと再現が難しいときに使用すると良いでしょう。またSynth1にはありませんが、バンド幅を変えられるものもあります。

*****

バンドエリミネーションフィルター

図6-10.PNG

<図10>バンドエリミネーション

指定した周波数付近のみをカットしてそれ以外を通すフィルターです。バンドパスとは逆の働きをし、バンドリジェクトフィルターやノッチフィルターとも呼ばれています。

Synth1には無いフィルターですが、他楽器と音域がぶつかる場合やハウリング対策で使われることが多い。またバンドパスと同じようにバンド幅を変えることも出来ます。

 

 

 

4.3種類のローパス(LP12、LP24、LPDL)

Synth1には3種類のローパスが搭載されています。まずはLP12とLP24の違いを見てみましょう。

<図11>LP12とLP24

フィルターにはLP12やLP24のように、アルファベットと数字がセットになっています。LP12のLPはローパスを意味し、数字はフィルターのかかり具合を表します。

この数字は12→24→36というように、数値が大きくなるほど傾きが急になっていき、フィルターのかかり具合がキツくなります。

 

説明だけでは分かりづらいので、比較画像を用意しました。画像内の赤矢印は、カットオフの位置を表しています。
<図12>LP12
図6-12.PNG
LP12は傾きが緩いため、フィルターも自然な感じにかかります。ただし、倍音はあまりカットされないので、音のキレは悪くなります。

<図13>LP24
図6-13.PNG
LP24は傾きが急なため、フィルターも大胆にかかります。ただし、その分ツマミの変化に音が敏感に反応するので、滑らかさのないサウンドになります。

<図14>LPDL
LPDLは特殊なフィルターです。ローランドTB303に搭載されていたダイオードラダー型をモデルにしたローパスフィルター。LP24よりも暗くて太い音なので、シンセベースによく合います。

 

ローパスフィルターが3種類もあると迷ってしまいそうですが、音作りに正解はありません。実際に試してみて、自分の好みにあったモノを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

5.スペクトラムアナライザーで見た各フィルター

上記の説明だけでは分かりづらい部分もあるので、各フィルターを視覚的に見てみましょう!スペクトラムアナライザーはフリーソフト「Blue Cat’s FreqAnalyst」を使用しました。

ローパスフィルター

図6-14.PNG

<図15>カットオフ最大

ローパスは低域を通すフィルターなので、カットオフを最大にすることでほぼ全ての音を通します。

 

図6-12.PNG

<図16>カットオフ真ん中(64)

カットオフを真ん中に設定すると、赤矢印も真ん中あたりまで移動。図15に比べると、高音域がカットされているのが分かります。

 

図6-15.PNG

<図17>カットオフ最小

カットオフを最小に設定したので、殆どの音がカットされて無音状態になりました。図17では波形の揺れが確認できますが、これは人間が聴き取ることが出来ないレベルの周波数なので聞こえません。

 

<ハイパスフィルター>
(図6-16)カットオフ最小

図6-16.PNG
ハイパスは高域を通すフィルターなので、カットオフを最小にすることでほぼ全ての音を通します。

(図6-17)カットオフ真ん中(64)
図6-17.PNG
カットオフを真ん中に設定することで、赤矢印も真ん中あたりまで移動してきました。
図6-16に比べると、低音域がよりカットされているのが分かりますね♪

(図6-18)カットオフ最大
図6-18.PNG
カットオフを最大に設定したので、図6-17よりも中音域がカットされているのが分かります!
ただSynth1は低域カットが弱いせいか、ローパスのようにバッサリとはいかないですね・・(^^;)

ちなみにDAWソフト「SONAR X1」に付属されていたソフトシンセ「PSYNⅡ」に
図6-18と同じ設定で試してみると、こんな感じになりました!
(図6-19)PSYNⅡにカットオフ最大
図6-19.PNG
同じ設定でもフィルターのかかり具合は全然違いますねw

<バンドパスフィルター>
(図6-20)カットオフ最小

図6-20.PNG
バンドパスは指定した周波数付近のみを通しますが、カットオフが最小なので「ローパスのカットオフ
最小(図6-15)」に近い波形になります。ただバンドパスのバンド幅が広く設定されているため
「ローパスのカットオフ最小(図6-15)」よりもフィルターのかかり具合が緩くなっています。

(図6-21)カットオフ真ん中(64)
図6-21.PNG
カットオフを真ん中に設定することで、赤矢印も真ん中あたりまで移動してきました。丁度真ん中なので
「ローパスのカットオフ真ん中(図6-12)」と「ハイパスのカットオフ真ん中(図6-17)」を
組み合わせたようなフィルターになっていますね(^^)

(図6-22)カットオフ最大
図6-22.PNG
バンドパスは指定した周波数付近のみを通しますが、カットオフが最大なので
「ハイパスのカットオフ最大(図6-18)」に近い波形になります。

スポンサーリンク

コメントを残す


CAPTCHA