さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

  1. TOP
  2. Synth1
  3. シンセの基本(Synth1編)

シンセの基本(Synth1編)


これからSynth1の使いかたを説明していきますが、その前にシンセの基本はしっかりと理解しておきましょう。今回は音作りの流れと3セクションについてです。

 

 

音作りの基本3セクション

シンセは、基本的に3セクション+2で構成されています。
<図1>音作りの流れ

まずはVCO(オシレーター)で音程や基本波形を決定し、VCF(フィルター)で不要な音をカットします。そして最期にVCA(アンプ)で音量を決めて、音色が完成!!

これが音作りの大まかな流れです(´・ω・)b

 

その下には、ENV(エンベロープ)とLFOがありますが、今はとりあえず、3セクションに使えるということだけを覚えておいて下さい。

 

 

Synth1で見る基本3セクション+2

シンセは基本的に3セクション+2で構成されていると言いました。では3セクション+2は、Synth1のどこにあるのかを1つずつ見ていきましょう。
<図2>各機能の場所

Synth1ではVCO(黒枠)、VCF(ピンク枠)、VCA(灰色枠)になっています。

そしてLFOは「紫枠」で、残りのENVは3セクションに内蔵されるカタチとなっております。
・VCOのENV(赤枠)
・VCFのENV(緑枠)
・VCAのENV(青枠)

 

 

ENVとLOF

詳しくは各回で解説しますが、3セクションに使えるENVとLOFとは、一体どういったものなのかを簡単に説明していきたいと思います。

ENV


ENVとはエンベローブジェネレーターの略で、他にもEGやADSRと呼ばれることもあります。ADSRというパラメーターを調整することで、音に時間変化を与えます。

ENVを3セクションに使うとVCA(音量)、VCF(音色)、VCO(音程)が変化します。

 

LFO


LFOとは音に揺れを与えるパラメーター。ENV同様、3セクションに使うことができます。LFOを使うとVCA(音量)、VCF(音色)、VCO(音程)に揺れを与えます。

 

 

まとめ

今回は音作りの流れと3セクション+2について説明しました。シンセ初心者にとっては、馴染みのない言葉が多く、難しかったかもしれません。

ですが、3セクション+2だけはしっかりと覚えておくようにしましょう。

 

【3セクション】
・VCO(オシレーター):基本波形や音程を決定
・VCF(フィルター):不要な音をカット
・VCA(アンプ):音量を決める

【ENVとLFO(3セクションに使える)】
・ENV(エンベロープ):音に時間変化を与える
・LFO:音に揺れを与える

スポンサーリンク

コメントを残す


CAPTCHA