さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

  1. TOP
  2. Synth1
  3. Synth1を導入してみよう!

Synth1を導入してみよう!


今回は定番なソフトシンセ「Synth1」の導入編です。シンセはパラメーターが多く、使うのが難しそうに見えます。しかし、機能を1つずつ理解していけば、意外と簡単に使えます。

シンセの知識は、ギターの音作りやミキシングなどにも役立つので、この機に使えるようになりましょう。それでは導入編の始まりです。

Synth1の導入方法

1.Synth1のダウンロードサイトに行き、最新版をダウンロードします。

上図はWin版です。Mac版はWin版の下にあります。

 

2.保存した「Synth1V113beta3.zip」を解凍します。

 

3.デスクトップにDTMフォルダーを作り、フォルダー内に音源フォルダーを作成する。

 

4.解凍した「Synth1V113beta3」を音源フォルダーに移動させる。

音源は場所を変えないフォルダーに保存してください。保存先を変えると音源が読み込めなくなります。私の場合は、音源フォルダーを作り、楽器別に分けて保存しています。

 

【DAWソフトの設定(SONAR編)】
5.SONARのメニューから「編集」→「環境設定」→「VSTプラグイン」をクリックする。

 

6.「追加」をクリックし「Synth1V113beta3」で「OK」を押します。

 

7.検索開始をクリックして、環境設定を閉じる。

 

8.メニューから「挿入」→「プラグインシンセ」→「Synth1」→「Synth1 VST」をクリック。

 

9.Synth1が使えるようになりました。

まとめ

今回はSynth1導入方法を解説しました。DAWソフトはSONARしか使いませんでしたが、音源の導入方法はどのDAWソフトもあまり変わらないと思うので、参考にはなるでしょう。

次回は「シンセの基本」です。お楽しみに

スポンサーリンク

コメントを残す


CAPTCHA