さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

1.MuseScoreをダウンロードしよう!


MuseScoreとは、フリーで使える楽譜作成ソフトです。同ソフトでは、ピアノ譜、TAB譜、ドラム譜、フルスコアなど、あらゆるタイプの楽譜を作ることができます。

今回はMuseScoreのダウンロード方法から使う前に必要な準備までを説明します。

 

 

MuseScoreをダウンロードしよう!

まずはパソコンにMuseScoreを導入しましょう。

 

1.公式サイトからMuseScoreをダウンロード

 

2.ダウンロードが完了すると、セットアップ画面が立ち上がるので、赤枠をクリックしましょう。

 

3.赤丸にチェックを入れて、次へ進みます。

 

4.MuseScoreのインストール先を決めます。

 

5.MuseScoreのインストールを開始します。

 

6.セットアップが完了しました。

 

 

新しいスコアを作成する

MuseScoreのインストールが完了したらソフトを起動し、楽譜の種類や拍子などを決めます。

 

1.新しいスコアの作成を選択します。

 

2.タイトルや作曲者など、必要な情報を入力しましょう。

 

3.譜面の種類を選びます。今回はピアノでよく使われる大譜表を選択しました。

 

4.曲の調とテンポを決めます。

 

5.曲の拍子と小節数を設定します。小節数は後からでも追加可能なので、少なくても問題ありません。

 

6.設定を終えると楽譜が表示され、音符を入力する準備が整います。

 

7.初期状態では1列に18小節もあり、非常に見づらいです。パレット内にある区切りアイコンを4小節目までドラックし、1列4小節表示に切り替えましょう。

 

8.1列4小節になり、譜面が見やすくなりました。

 

9.2列目以降も4小節表示へなるように切り替えていきましょう。

 

 

まとめ

今回はMuseScoreの導入方法を説明しました。MuseScoreは色んな種類の楽譜を無料で作ることができるので、楽器演奏者にも重宝するフリーソフトになっています。

次回からはMuseScoreの使い方を説明していきます。お楽しみに

 


【MuseScoreの使い方】
1.MuseScoreをダウンロードしよう!
2.MuseScoreの使い方_ピアノ譜作成1
3.MuseScoreの使い方_ピアノ譜作成2
4.MuseScoreの使い方_ピアノ譜作成3
5.MuseScoreの使い方_ドラム譜作成1


コメントを残す


CAPTCHA