さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

MuseScoreを導入してみよう!


今回は楽譜作成ソフト「MuseScore」の導入編です。MuseScoreはピアノ譜からフルスコアまであらゆるジャンルの楽譜を作成することができます。

第1章ではMuseScoreの導入から初期設定まで説明します。

 

 

 

MuseScoreの導入方法

まずはパソコンにMuseScoreを導入しましょう。

 

1.公式サイトからMuseScoreをダウンロード

 

2.ダウンロードが終わると、セットアップ画面が立ち上がります。

 

3.赤丸をクリックして、次へ進む。

 

4.インストール先を決めます。

 

5.MuseScoreのインストールを開始します。

 

6.セットアップが終了しました。

 

 

 

MuseScoreの初期設定

次はMuseScoreを使えるように設定します。

 

1.新しいスコアの作成を選択する。

 

2.タイトルや作曲者などを入力する。

 

3.譜面の種類を選択する。

 

4.調号やテンポを設定する。

 

5.拍子や小節数を設定する。

 

6.MuseScoreの準備完了!

 

7.準備は完了しましたが、1列に18小節もあると見づらいので、赤枠のボタンを4小節目に移動して、1列4小節表示に切り替えます。

 

8.1列4小節になり、大分見やすくなりました。

 

9.2列目以降も4小節表示になるように切り替えていきましょう。

 

 

 

まとめ

今回はMuseScoreの導入方法と初期設定について説明しました。MuseScoreは楽譜作成に優れたソフトなので、この機会に使えるようにしておくと良いでしょう。

次回からはMuseScoreの使い方に入ります。お楽しみに

コメントを残す


CAPTCHA