さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

Sibelius Firstをダウンロードしてみよう!


Sibelius Firstは無料で使える楽譜作成ソフトです。Avid社が開発したSibeliusシリーズは、世界的にも有名で、トップシェアを誇るFinaleとよく比較されています。

今回はSibelius Firstのダウンロード方法を説明します。一緒に見ていきましょう。

 

 

Sibelius Firstをダウンロードしてみよう!

まずはパソコンに導入する方法を説明します。

 

1.Sibelius Firstのダウンロードサイトへ行きます。

 

2.Avidアカウントを作成するため、[アカウントの作成]をクリックします。既にアカウントをお持ちのかたは[ログイン]して先へ進みましょう。

 

3.名前やメールアドレスを入力し、[送信]をクリックします。

 

4.アンケートに解答し、赤枠をクリックしましょう。

 

5.入力したメールアドレスにダウンロードリンクが送信されました。メールを確認しましょう。

 

6.ダウンロードリンク付きメールを開き、お使いのOS版のインストーラーをダウンロードします。今回はWindows版をダウンロードしたいと思います。

 

7.ダウンロードが完了したら赤枠をクリックして、保存先を開きます。

 

8.保存先に先ほどダウンロードした圧縮ファイルがあると思うので、これを解凍します。

 

9.すべてを展開しましょう。

 

10.展開場所はデフォルトのままでOKです。

 

11.ファイルが展開されました。

 

12.解凍されたファイルを開き「Install_Sibelius」をクリックします。

 

13.日本語になっていることを確認し[OK]をクリックします。

 

14.Sibelusのインストールを開始します。[次へ]をクリックしましょう。

 

15.ライセンスに合意し、次へ進みます。

 

16.インストール先を決めます。ここもディフォルトのままでOKです。

 

17.こちらもそのまま次へ進みましょう。

 

18.赤枠をクリックし、インストールを開始します。

 

19.Sibelusのインストールが完了しました。

 

20.インストールが完了したら、パソコンを再起動させましょう。

 

21.パソコンが立ち上がったら、Sibeliusを起動させます。

 

22.[Sibelius First]を選択しましょう。

 

23.以下のような画面が表示されたら[Exit]をクリックします。

 

24.Avid Linkが起動されたら、プロフィールを選択します。

 

25.メールアドレスと先ほど作ったパスワードを入力して、サインインしましょう。

 

26.サイトインしたら、製品をクリックしてください。

 

27.Sibelius Firstを開きましょう。

 

28.赤枠をクリックし、Sibelius Firstを起動させます。

 

29.起動時に以下のようなエラーメッセージが表示されることがありますが、そのまま[OK]で大丈夫です。あとで設定を変更します。

エラーコード「40201」
このエラーコードが表示されると、Sibeliusで音が出ません。この現象はASIO4ALLをインターフェイスとして使用している時などで発生するようです。対処法については「Sibelius Firstを使う準備をしよう」で説明いたします。

 

30.Sibelius Firstが立ち上がったら一度閉じましょう。次はAvid Linkをインストールします。

 

31.Avid Linkの[インストール]をクリックします。

 

32.Avid Linkに必要なアイテムが表示されたら[インストール]をクリックして進んでください。

 

33.[次へ]をクリックして、インストールを完了させます。

 

34.Avid Linkのインストールが完了しました。

 

 

Sibelius Firstを使う準備をしよう

Sibelius Firstを使う準備をします。ここでは楽譜の選び方や曲名の付け方を説明しつつ、先ほどお伝えしたエラーコード「40206」の対処方法を紹介します。

 

1.Sibeliusを起動させます。

 

2.楽譜の種類を選択します。今回はピアノ譜を選択してみましょう。

 

3.拍子や調号、曲名などを決定し、[作成]をクリックします。

 

4.ピアノ譜の準備が整いました。

 

5.エラーコード「40206」が表示されるかたは、メインメニューから[再生]を選択し、セットアップをクリックしましょう。

 

6.再生デバイス内の[オーディオエンジンのオプション]をクリックします。

 

7.インターフェースを[プライマリ サウンドドライバー(DS)]に変更し、Sibeliusを再起動しましょう。

 

8.これで入力した音符が再生されるようになりました。

 

 

まとめ

今回はSibelius Firstのダウンロード方法を説明しました。Sibelius Firstは無料ながら、楽譜作成に必要な最低限の機能を搭載した楽譜作成ソフトになっています。

同ソフトには使用期限がないため、一度ダウンロードすればずっと使うことができます。無料版を試してみて気に入ったら、有料版にグレードアップしてみても良いでしょう。

コメントを残す


CAPTCHA