さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

1.TuxGuitarをダウンロードしてみよう!


TuxGuitarは無料で利用できるTAB譜作成ソフトです。同ソフトではチョーキングやスライド、ハンマリングといった奏法も書き込むことができ、書き込んだ奏法どおりにTAB譜を再生できます。

今回はそんな便利なTAB譜作成ソフト「TuxGuitar」のダウンロード方法を紹介します。

 

 

TuxGuitarをダウンロードしよう!

今回はTuxGuitarのダウンロード方法からセットアップ方法までを説明します。

 

1.公式サイトからTuxGuitarのダウンロードボタンをクリックします。

 

2.お使いのOSに対応したインストーラを選びましょう。今回はWindows版を選択します。

 

3.TuxGuitarのインストーラを保存します。

 

4.インストーラの保存中に画面が切り替わると思いますが、これは無視して大丈夫です。

 

5.ダウンロードが完了したら、ファイルを開きましょう。

 

6.ファイルを開くとセットアップ画面が立ち上がります。赤枠をクリックしてセットアップを始めましょう。

 

7.ライセンスに同意して、[Next]をクリックします。

 

8.TuxGuitarの保存先を指定して赤枠をクリックします。保存先はデフォルトのままでOKです。

 

9.赤枠をクリックすると、TuxGuitarのインストールが開始されます。

 

10.TuxGuitarが無事にインストールされました。

 

11.インストールを完了させるために再起動するように促されるので、問題がなければ「はい」を押して、パソコンを再起動させます。

 

12.これでTuxGuitarが使えるようになりました。

 

 

まとめ

今回はTuxGuitarの導入方法を説明しました。TuxGuitarはとにかく簡単にTAB譜作成が行えるので、ギタリストやベーシストにはとても重宝するフリーソフトになっています。

また、同ソフトはTAB譜作成以外にも、ネット上にあるGuitarProファイルを開くこともできるので、他人が作成したTAB譜を拾って使うこともできます。

 

次回はTAB譜をイチから作成できるようになってもらうため、TuxGuitarの使い方を説明します。

 


【TuxGuitarの使い方】
1.TuxGuitarをダウンロードしよう!
2.TuxGuitarの使い方_音符入力と削除方法
3.TuxGuitarの使い方_ギター奏法の入力方法


 

コメントを残す


CAPTCHA