さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

  1. TOP
  2. ギター
  3. ギターストラップの種類と選びかた(編集中)

ギターストラップの種類と選びかた(編集中)


ライブやスタジオなどで、立って演奏するにはギターストラップが必要です。これからギターを始める人にとっては、まだまだ先の話で、今は必要ないと思われるかもしれません。

しかし、座奏練習ばかりしていると、立奏ができなくなります。ライブを目標にするかたは、日頃からストラップを取り付け、立奏練習も取り入れるようにしましょう。

ギターストラップの種類

ギターストラップは大きく分けて2種類あります。

布製(綿、ナイロン、ポリ)


単色系からオシャレな柄物まで、デザインが豊富なストラップ。布製はアジャスターを採用しているものが多いので、長さ調節も容易に行えます。

ショルダーベルトのような感覚で長さの微調整もできるので、初心者ギタリストにもおすすめできるギターストラップです。

 

革製(レザー)


高級感が漂う革製のギターストラップ。価格は少々高めですが、布製ストラップよりも丈夫で滑りにくいといった特徴があります。

革製品であるため、汗に弱く、長さ調整も簡単に行えないという欠点もありますが、使い込むにつれて味が出るギターストラップになっています。

ストラップ選びのポイント

ストラップはデザインで選んでOKですが、下記の4点だけはチェックするようにしましょう。

幅が広いものを選択する


エレキギターは重いものが多いので、肩に優しいストラップを選びましょう。幅が広いストラップは負荷が分散するので、負担を和らげてくれます。

見た目は細いストラップのほうが良く見えますが、肩に食い込むものは極力避けましょう。

 

調整範囲が広いものを選択する


初めは自分に合う長さが分からないので、調整範囲は広いものを選択しましょう。微調整可能なアジャスター付きストラップならば、適切な長さにも合わせやすいです。

 

丈夫そうなものを選択する

<穴画像>
ストラップはギターの重さも

ギターの重さはストラップにかかるので、丈夫そうなものを選択しましょう。

弱々しいストラップは

ギターが重ければ重いほど、ストラップに負荷がかかります。耐久性が
耐久性
またストラップを取り付ける穴の強度

口コミ

滑りやすさ

<画像>
ああ

ストラップロックを取り付けよう

ストラップを使用する場合は、必ずストラップロックを取り付けましょう。ストラップはエンドピンに取り付けるだけでも使えますが、演奏中に外れる恐れがあり、大変危険です。
<ストラップロックなし画像>
ストラップロックには、ストラップラバーとロックピンがあります。どちらにも利点と欠点があるので、自分に合うほうを選択しましょう。

ストラップラバー

ストラップの上から被せて固定するタイプ。ストラップラバーには、ゴム製とプラスチック製があり、ゴム製のほうが耐久性に優れているのでおすすめです。
<取り付け画像>
多少、力は要りますが、簡単に取り付けられます。

・ギターストラップを取り付けてみよう

 

ロックピン

ピンごと取り換えるタイプ。価格は少々高いですが、ストラップをワンタッチで着脱可能にします。

ただし、ネジサイズは統一されていないので、ネジ穴を広げる必要がある場合が多い。

自分で取り付けるのが怖い方は、楽器店で取り付けてもらうと良いでしょう。

・ロックピンを取り付けてみた

おすすめのギターストラップ

ERNIEBALL 4037 POLYPRO STRAPS

多くのミュージシャンが愛用する超定番のギターストラップ。価格の割にはしっかりとした作りで、長さ調節も可能になっています。

ナイロン製であるため、多少滑りやすいという欠点もありますが、コストパフォーマンスに優れたストラップになっています。

FENDER 099-0681-543

フェンダーがリリースする定番のギターストラップ。おしゃれ

まとめ

今回はギターストラップについて説明しました。

スポンサーリンク

コメントを残す


CAPTCHA