さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

  1. TOP
  2. ギター
  3. ギターシールドの選びかた

ギターシールドの選びかた

ギターシールドとは、ギターとアンプを繋げるケーブルのことです。シールドはアンプやエフェクターを使用する際に何本か必要になるので、2~3本は手元に置いておくようにしましょう。

 

 

シールドの種類

ギターシールド(左)パッチケーブル(右)

シールドは長さによって呼びかたが変わります。中身は同じものですが、ギターとアンプを繋ぐ長いものをギターシールドと呼び、エフェクター同士を繋ぐ短いものをパッチケーブルと呼びます。

今回はギターシールド編なので、軽く触れる程度に留めますが、パッチケーブルはプラグが邪魔にならないようにL字フォンを採用しているものが多いです。

・パッチケーブルの選びかた

 

 

プラグの形状

プラグの形状は、ストレートフォンとL字フォンがあります。

ストレートフォン


プラグが真っすぐになったS型タイプ。S型は価格が安く、品数も豊富です。シールド装着時にプラグが出っ張るという欠点もありますが、最もポピュラーな形状といえるでしょう。

ストラトタイプのギターは、ジャックがボディに埋め込まれてるため、ストレートフォンが向いています。L字フォンだとギターの構造上、やや使いにくいと思います。

 

L字フォン


プラグが直角に折れたL型タイプ。ストレートフォンよりも割高ですが、端子に負荷がかかりにくいので断線予防になります。またL型は装着時に出っ張らないので使い勝手も良いです。

レスポールタイプのギターは、ジャックがボディサイドにあるため、L字フォンが向いています。ストレートフォンだとギターの構造上、出っ張ってしまうので、座って練習しにくいです。

 

 

最適なシールドの長さは?


自宅やスタジオ練習用ならば、3mくらいが丁度良いでしょう。練習用にしては少し長いかもしれませんが、あまりピッタリすぎると練習中に引っかかる可能性があり、大変危険です。

逆に長すぎてしまうと、今度は取り回しや持ち運びの面で不便になります。したがって、1本目は長すぎず短すぎない3mがベストだと思います。

 

 

有名なケーブルメーカー

・カナレ

様々なケーブルを取り扱う日本の老舗メーカー。カナレはリーズナブルな価格設定が特徴的で、断線しにくいさにも定評があります。とてもコストパフォーマンスに優れたシールドなので、初めの1本におすすめできます。

 

・ベルデン

アメリカに本社を構えるケーブルメーカー。ベルデンはカナレに比べるとやや割高ですが、耐久性と信頼性があり、定番中の定番シールドとして人気を集めています。プラグには有名なスイッチクラフトを採用し、カナレに無いL字フォンがあるのも強みです。

 

・プロヴィデンス

パッチケーブルやエフェクターも取り扱う国産メーカー。プロヴィデンスは独自構造のプラグを採用しており、外すときは抜きやすく、引っ張ったときは抜けにくいように設計されています。ケーブルが非常に柔らかく、取り回しがしやすいのも特徴です。

 

・モンスターケーブル

アメリカ生まれの高級シールドメーカー。社名に似合わずフラットな音が特徴的で、ケーブルも非常に柔らかく、取り回しがしやすいです。長さは一般的なメートルではなく、フィートでラインナップされてるので、その点だけは注意しましょう。

 

 

おすすめのギターシールド

恐らく真っ先に名前が挙がるシールドでしょう。カナレは品質と耐久性に優れ、価格もお手頃なので、最初の1本目に最適なギターシールドです。S型のみしかないのが残念なところですが、取り回しもしやすく、初心者にも扱いやすいシールドとなっています。

 

画像は近日追加予定
MONTREUX BELDEN #9395-3m-LS
L字フォンは、モントルー製のベルデンシールドがおすすめです。本品はモントルーがハンダ付けしたモノですが、ベルデンと同じケーブル、同じプラグを使用しているので、コスパと品質に優れたギターシールドになっています。

 

 

自作シールドのすすめ!


シールドはパーツと道具さえあれば、自分で作ることも出来ます。自作と言われると、一見難しそうに聞こえますが、実際にチャレンジしてみると、意外と簡単なことに気が付くでしょう。

一度シールド作りを覚えてしまえば、好きな長さのシールドを作ったり、断線したシールドの修理も出来たりするので、今後の音楽ライフに必ず役立ちます。

・ワンランク上へ、シールドを自作しよう!

スポンサーリンク

コメントを残す


CAPTCHA