さあ、DTMを始めよう!

スマホでも見やすいサイトに切り替え中

  1. TOP
  2. ギター
  3. 1-4.ギターピックの選びかた

1-4.ギターピックの選びかた


ギターはピックを持って演奏します。ピックには様々な形や厚みがあり、使うものによっても音色が変化します。ピックは人によって合うもの合わないものがあるので、各自で色んなピックを試してみて、自分に合うモノを見つけましょう。

 

 

ピックの形状

まずは、一番分かりやすい形状から見ていきます。ピックには色んな形がありますが、今回はポピュラーな3種類のピックを紹介します。

ディアドロップ型

もっともポピュラーなピックで、多くのギタリストが使用しています。先端に向かうにつれて、シャープになっていくので、ピッキング時の抵抗が少なく、素早いピッキングが行えます。

 

トライアングル型

通称おにぎり型ピック。ディアドロップ型よりもサイズが大きく、先端の角度が緩いのが特徴です。弦に接地する面積が広いため、素早い演奏には向きませんが、コード弾きやカッティングに適したタイプと言えるでしょう。

 

ジャズ型

ディアドロップ型よりもさらに先端を尖らせたピック。サイズが他のタイプよりも小さいため、繊細なプレイに適したピックです。そのため、ジャズ以外にもテクニカルな演奏を必要とするハードロックやヘヴィメタルといったジャンルのギタリストも愛用しています。

 

 

ピックの厚さ

厚みはメーカーによって若干異なりますが、基本的にThin(極薄)、Medium(普通)、Heavy(分厚い)の3つに分類されます。厚さはサウンドに影響を与え、ピックが薄いほどピッキング時の抵抗が少なく、厚いほどアタック感が出ます。

 

 

おすすめのギターピック

筆者が使用しているお気に入りピックを紹介します。ピックは人によって合う合わないがありますが、それほど高いものでもないので、一度試してみても良いかもしれません。
・Jim Dunlop JAZZ III RED

知人に勧められて使い始めたジャズ型ピック。初めて持った時、手に凄くフィットしたのでお気に入りの1枚になりました。サイズは小さめですが、厚みがあるのでアタック感も出ます。

 

・IBANEZ PAUL GILBERT PICK PEARLWHITE

色々試した中で見つけたディアドロップ型ピック。通常のディアドロップ型よりも先端が鋭くなっているので、ピッキングがしやすく、手にもよく馴染むピックです。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す


CAPTCHA