さあ、DTMを始めよう!

スマホでも見やすいサイトに切り替え中

  1. TOP
  2. ギター
  3. エレキギターの選びかた(未完成)

エレキギターの選びかた(未完成)


エレキギターを始める上で、最初にぶつかる壁は“ギターの選びかた”だと思います。
ギターには様々な色や形があり、価格も安いモノから高いモノまで幅が広いです。

 また同じギターでも個体差があるため、初心者を深く悩ませる原因ともなっています。

 

最初の1本目は、買えるギターの中から気に入ったものを選ぶと良い

初めから良いギターを持ちたいという気持ちは分かりますが、始める前だと判断が難しいです;;
よって、音で選ぶのは2本目以降にし、1本目は見た目で選ぶと良いと思います。

ただし、無知な状態で選ぶと失敗する可能性が高いので、ギターの選びかたを一緒に見ていきましょう!

ギター選びのポイントは「①価格」「②見た目」「③音」「④弾きやすさ」の4つです。
この中で決めやすい項目から決めていき、少しずつ選択肢を狭めていきます!

 

 

①予算の決定
最初の1本目は1~5万円前後から選ぶことをオススメします。理由としては、大手メーカーの下位ブランドである
エピフォンやスクワイア、グラスルーツといったギターが買える価格帯だからです。

この価格帯のギターは、値段の割にしっかりしているモノから少々注意が必要なモノまでありますが
大手メーカーの下位ブランドが製造しているギターならば、前者にあたるので安心できます。

 

②好きな色・形のギターを探す
どんなに良いギターでも、見た目が好みじゃなければ、練習のモチベーションは上がりません。
どうせ買うなら見た目(色・形)が好きなギターにしましょう!レスポールならばエピフォン
ストラトならスクワイア、それ以外ならグラスルーツみたいな感じで決めても良いですが
色んなメーカーから製造されているので、一通り見ても良いと思います。

記事下にはメーカーのURLを貼っておくので、ギター探しの参考にしてください。

 

③お店で触ってから購入する
楽器はなるべく触ってから購入したいので、ある程度候補が集まったら、実際に楽器店へ行きましょう!
そして気になるギターを見つけたら、お店の人に声を変えて触らせてもらってください。

どうせ初心者だから分からないと思いがちですが「良い音か?」「弾きやすいか?」ではなく
「音に違和感がないか?」「弾きにくくないのか?」を確認するようにしてください。

初心者でも確認できることは、意外とあります!

【チェックすること】*何本か弾き比べることをオススメします。
・ネックが握りやすいか?
ギターによって、ネックの太さや形状が異なるので、必ず確認したいポイントです。
ネックの握りやすさは、コードやミュートのしやすさに影響してきます。

・座った状態で持ちやすいか?
これは変形ギターにありがちですが、座った状態では弾きにくいギターも存在します・・(^^;)
見た目も大切ですが、1本目は持ちやすいギターにしましょう!

・音に違和感がないか?
6~1弦までを鳴らしてみましょう!解放弦だけでも「あまり音が響かない;;」や
「6弦だけチョット軽い気がする・・」など見えてくる場合があります。

 

 

④欲しいギターがない場合は、通販or取り寄せする
ギターを触らずに購入することは、なるべく避けたいところですが、住む場所によっては
楽器店が無かったり、あっても品数が少なくてほしいギターがなかったりします。
そんな場合は、通販で買うor楽器店で取り寄せしましょう!
*一応楽器店で取り寄せた場合は、購入前に触ることができると思いますが
「やっぱり要らないです」とは言いづらいと思います・・(^^;)

【通販の場合】
◎:楽器店よりも価格が安い場合が多い
△:弾きやすいように調整してくれるかは場所による
△:メールで聞けるが、非常に面倒;;
【楽器店の場合】
◎:弾きやすいように調整してもらえる場合が多い
◎:聞きたいことが直接聞ける
X:通販よりも価格が高い場合が多い

 

 

【まとめ】
・1本目のギターは1~5万円前後(大手の下位ブランド)がオススメ
・見た目はモチベーションに影響するので、好みなギターを選ぼう!
・「音に違和感がないか?」と「弾きにくくないか?」をチェックする

 

 

私なりにギターの選びかたをまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

ネット上には、初心者なりに良いギターが欲しくて悩んでいる人が結構いるように思います・・(^^;)
安い買い物ではないので悩むことも大切だけど、悩みすぎるとお金以上に時間が勿体ないです;;
ギターは買ったらすぐに弾けるものではないので、迷う時間を練習時間に使ってほしい!

例え、購入したギターの評判が偶々良くなかったとしても、そのギターで練習して上手くなれば
その人にとっては、定価以上の価値があったギターになるはずです。
悩みすぎる必要はないですよ(´・ω・)b

 

最後に、有名なギターメーカーの公式サイトを貼っておくので、参考にしてみてください。
【有名なギターメーカー】
・GIBSON  ・Epiphone  ・Fender  ・Squler  ・ESP  ・EDWARDS  ・Grassroots  ・Fernades
・B.C.Rich  ・Schecter  ・Ibanez  ・Fujigen  ・TOKAI  ・Greco

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す


CAPTCHA