さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

演奏記号を付けよう!【ピアノ譜 作成編④】_musescore


楽譜にはクレッシェンドやスラーなど、さまざまな記号が記載されています。これらの記号には意味があり、楽譜に付け加えることで、弾き方や表現方法を追加できます。

今回は楽譜を作るならば知っておきたい演奏記号の付け方について説明します。それでは一緒に見ていきましょう。

 

 

 

 

演奏記号を付けよう!

音符にスタッカートを付ける

1.パレット内の「アーティキュレーション」を開きます。

 

2.スタッカートを付けたい音符を選択し、赤枠をダブルクリックしましょう。

 

3.音符にスタッカートが付きました。

 

音符にアクセントを付ける

1.パレット内の「アーティキュレーション」を開きます。

 

2.アクセントを付けたい音符を選択し、赤枠をダブルクリックしましょう。

 

3.音符にアクセントが付きました。

 

音符にテヌートを付ける

1.パレット内の「アーティキュレーション」を開きます。

 

2.テヌートを付けたい音符を選択し、赤枠をダブルクリックしましょう。

 

3.音符にテヌートが付きました。

 

音符にスラーを付ける

1.パレット内の「線」を開きます。

 

2.スラーを付けたい音符を選択し、赤枠をダブルクリックしましょう。

 

3.選択した音符から隣の音符にスラーが付きました。

 

4.スラーの範囲を広げる場合は、スラーの右隅をクリックします。

 

5.そして、4番目の音符までスラーをドラッグさせましょう。

 

6.スラーが4番目の音符に付け変わりました。

 

7.これで1~4番目の音符までがスラーになります。

 

音符をアルペジオにする

1.赤枠を「アドバンス」に変更し、パレットを切り替えます。

 

2.パレット内の「アルペジオとグリッサンド」を開きましょう。

 

3.アルペジオを付けたい場所を選択し、赤枠をダブルクリックします。

 

4.音符にアルペジオが付きました。

 

5.アルペジオの範囲を変更したい場合は、入力したアルペジオをダブルクリックしましょう。

 

6.そして「Shift」を押しながら、「↑」「↓」をクリックすることで範囲を変更できます。

高音から低音へ向かって演奏させるには

通常のアルペジオは、低音から高音へ向かって演奏されます。これを高音から低音へ向かって演奏させるには、下矢印の付いたアルペジオを使用します。

 

音符に装飾音符を加える

1.パレット内の「装飾音符」を開きます。

 

2.装飾音符を付けたい音符を選択し、赤枠をダブルクリックします。

 

3.音符に装飾音符が付きました。

 

音符に強弱記号を加える

1.パレット内の「強弱記号」を開きます。

 

2.強弱記号を加えたい音符を選択し、赤枠の”mp”をダブルクリックしましょう。

 

3.音符に”mp(メゾピアノ)”が付きました。

 

4.強弱記号にはさまざまな種類があります。いろいろと試してみると良いでしょう。

 

5.ちなみにマイナーな強弱記号は、赤枠を「アドバンス」に切り替えることで表示できます。

 

クレッシェンドを付ける

1.パレット内の「線」を開きます。

 

2.クレッシェンドを付けたい音符を選択し、赤枠をダブルクリックしましょう。

 

3.選択した音符から小節の最後までにクレッシェンドが付きました。

 

4.クレッシェンドの範囲を選択するため、楽譜内のクレッシェンドをダブルクリックします。

 

5.今回は2~4番目までの音符をクレッシェンドにします。「Shift」を押しながら「←」「→」で範囲を変更しましょう。

 

6.選択した音符から4番目の音符までにクレッシェンドが付きました。

 

7.ちなみに、同じ方法でデクレッシェンドも付けられるので、覚えておきましょう。

 

 

まとめ

今回は演奏記号の付け方について説明しました。演奏記号には、演奏する上で重要な記号がたくさんあるので、1つずつ入力方法を覚えていきましょう。

MuseScoreの使い方記事は随時追加予定です。使い方が分からないかたは以下の記事も参考にしてみてください。

【MuseScoreの使い方講座】

3.拍子や調を設定しよう!

5.コードを記入してみよう!

MuseScoreの使い方講座 TOP

コメントを残す