さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

2.MuseScoreの使い方_ピアノ譜作成1


今回はMuseScoreでピアノ譜を作成する方法を説明します。ピアノ譜作成1では、連符の入力方法や臨時記号の付け方など、音符入力に必要な操作方法を中心にまとめました。

 

【目次】
音符を入力する
音符の向きを変える
音符の高さを変更する
音符を削除する
1小節分の音符をまとめて削除する
臨時記号を付ける
オクターブ記号を加える
音符をタイで繋ぐ
音符を分離する
休符を入力する
連符を作成する
複声部で入力する

 

 

MuseScoreの使い方(音符入力編)

音符を入力する

1.赤枠をクリックして音符入力モードへ切り替えます。

 

2.音符入力モードへ切り替えたら、音符の種類を選びましょう。今回は8分音符で入力したいので、8分音符を選択してください。

付点音符にしたい時は、音符の種類を選択したあとに、赤枠をクリックします。

 

3.音符の種類を選択したら、音符を入力したい小節にカーソルを移動させて、左クリックします。すると、その位置で音符が入力されます。

 

4.このようにコードも入力できます。

 

音符の向きを変える

1.PCキーボードの[←][→]を使って、向きを変えたい音符を選択します。

音符入力モードを解除すれば、マウスで選ぶこともできます。

 

2.赤枠をクリックすると、音符が上下反転します。

 

音符の高さを変更する

1.PCキーボードの[←][→]を使って、高さを変えたい音符を選択します。

 

2.PCキーボードの[↑][↓]をクリックすることで、音符の高さが変わります。

 

音符を削除する

1.PCキーボードの[←][→]を使って、削除したい音符を選択します。

 

2.音符を選択した状態でPCキーボードの[Del]をクリックすると、音符が削除されます。

 

1小節分の音符をまとめて削除する

1.1小節分の音符を削除するときは、音符入力モードを解除して削除したい小節を選択します。

 

2.小節を選択した状態でPCキーボードの[Del]をクリックすると、小節内の音符が削除されます。

 

臨時記号を付ける

1.音符入力モードを解除し、臨時記号を付けたい音符を選択します。

 

2.そして、♯アイコンをクリックすると、選択中の音符に♯が追加されます。♯は選択した音符だけに付くので、後方の音符には自動的にナチュラルが付きます。

 

3.♭アイコンをクリックしたときも♯と同じように、選択中の音符に♭が追加されて、後方の音符には自動的にナチュラルが付けられます。

 

4.初めから♭や♯が付く調の場合は、ナチュラルアイコンをクリックすることで、選択中の音符にナチュラルが追加されます。

 

オクターブ記号を加える

1.パレット内の[線]を開きます。

 

2.オクターブ記号を付けたい音符を選択し、赤枠をダブルクリックしましょう。

 

3.選択した音符にオクターブ記号が付きました。

 

4.オクターブ記号の効果が働く範囲を決めるため、楽譜内のオクターブ記号をダブルクリックします。

 

5.今回は5番目の音符まで1オクターブ上げたいので、[Shift]を押しながら[←][→]で範囲を変更しましょう。

 

6.最初に選択した音符から5番目の音符までオクターブ記号が付きました。

 

7.ちなみに、左手パートにオクターブ記号を付ける場合は、青枠をダブルクリックします。

 

8.オクターブ記号を8va表示にしたい場合は、メインメニューからスタイルをクリックします。

 

9.オッターヴァを選択し、数字のみのチェックを外します。

 

10.オクターブ記号が8va表示に切り替わりました。

スタイルで設定したものは、ソフトを閉じると設定がリセットされます。次回以降も同じ設定で使う場合は[スタイルの保存]で保存し、[スタイルの読み込み]で読み込みます。

 

音符をタイで繋ぐ

1.音符入力モードを解除し、繋げたい音符を選択します。

 

2.タイは選択した音符から右側へ繋ぐので、選択する音符を間違えないようにしましょう。

 

3.赤枠をクリックすることで、音符がタイで繋がります。

 

音符を分離する

1.音符入力モードを解除し、分離させたい音符を選択します。

 

2.音符の選択した状態で「連桁のプロパティ」を開き、赤枠をクリックすると音符が離れます。

 

休符を入力する

1.休符にしたい音符を選択し、休符入力モードへ切り替えます。

 

2.入力したい位置でクリックすると休符が入力されます。

 

3.ちなみに、休符の位置は以下のように変えることも可能です。

 

4.やり方は音符入力モードを解除し、移動させたい休符をドラッグさせます。

 

5.今回は必要ありませんが、音符の数が多くて見づらいときは休符を移動させましょう。

 

連符を作成する

1.連符にしたい音符か休符を選択します。

 

2.メインメニューの追加から連符を選び、連符の種類を選択します。

 

3.今回は3連符を選択しました。

 

4.あとは音符を入力していけば、3連符の完成です。

 

複声部で入力する

1.同じ拍で長さが異なる音符を入力するには、声部を分ける必要があります。

 

2.声部を分けずに音符を入力すると、以下のように音符が上書きされてしまいます。

 

3.今回は青枠を上パート、赤枠を下パートとして考えていきましょう。

 

4.パート分けが決まったら、いつも通りに上パートを入力します。

 

5.そして、声部2へ切り替え、残りの下パートを入力していきましょう。

 

 

まとめ

今回は臨時記号の付け方や3連符の作成方法など、音符入力に関係する操作方法を中心に説明しました。どの操作方法も楽譜作成するうえで使う機会が多いので、必ず覚えるようにしましょう。

次回は拍子の変更や反復記号の付け方など、小節関連の操作方法を中心に説明します。お楽しみに

 


【MuseScoreの使い方】
1.MuseScoreをダウンロードしよう!
2.MuseScoreの使い方_ピアノ譜作成1
3.MuseScoreの使い方_ピアノ譜作成2
4.MuseScoreの使い方_ピアノ譜作成3
5.MuseScoreの使い方_ピアノ譜作成4
6.MuseScoreの使い方_ドラム譜作成1


コメントを残す


CAPTCHA