さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

ピアノ譜を作成しよう!【ピアノ譜 作成編①】_MuseScore

MuseScoreで楽譜を作成するには、楽譜の種類や曲名、拍子などを設定させる必要があります。これらを設定させないと、楽譜を作り始めることができないので、かならず行ないましょう。

今回はピアノ譜でよく使われる大譜表の作成方法を説明します。それでは一緒に見ていきましょう。

 

 

 

新しいスコアを作成する

1.MuseScoreを起動させます。

 

2.スタートセンターが表示されたら、「新しいスコアの作成」を選択しましょう。

 

3.タイトルや作曲者など、必要な情報を入力して、次へ進みます。

 

4.譜面の種類を選択します。今回はピアノでよく使われる大譜表を選びましょう。

 

5.曲の調を決めて、次へ進みます。

 

6.曲の拍子や小節数、テンポなどを設定して「完了」をクリックしてください。

 

7.ピアノ譜が作成され、音符を入力する準備が整いました。

 

8.1段4小節表示に切り替えるため、パレット内にある「区切りアイコン」を4小節目までドラッグしましょう。

 

9.1段目が4小節表示になり、譜面が見やすくなりました。

 

10.2段目以降も4小節表示になるように「区切りアイコン」を追加していきましょう。

 

11.これでピアノ譜の準備が完了しました。

 

 

まとめ

今回はピアノ譜の作成方法について説明しました。本章では調や拍子などは後からでも変更可能なので、まだ何も決まっていない場合はデフォルトのままにしておいても良いでしょう。

MuseScoreの使い方記事は随時追加予定です。使い方が分からないかたは以下の記事も参考にしてみてください。

【MuseScoreの使い方講座】

2.音符を入力しよう!

MuseScoreの使い方講座 TOP

コメントを残す