さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

4.トラックを作成しよう!_BandLab


曲作りはプロジェクトを作成しただけでは始めることが出来ません。MIDIを打ち込んだり楽器を録音したりするには、専用のトラックを準備する必要があります。

今回はBandLabにどんな種類のトラックが用意されているのかを説明しつつ、トラックの作成方法について説明していきます。それでは一緒に見ていきましょう。

 

 

トラックの種類

BandLabには2種類のトラックが用意されています。

 

MIDIトラック


MIDIの打ち込みや編集を行うためのトラックです。MIDIは演奏情報(音の高さや長さなど)を記録した楽譜のようなもので、音を出すためには音源を設定させる必要があります。

【MIDIトラックの使い方】
打ち込みでフレーズを作成する
MIDI素材を貼りつけてフレーズを作成する

 

オーディオトラック


ギターを録音したりループ素材を貼りつけたりするためのトラックです。オーディオトラックではオーディオデータを扱うため、音源を設定させる必要はありません。

【オーディオトラックの使い方】
ギターやボーカルを録音する
ループ素材を貼りつけてバックトラックを作成する

 

 

 

トラックを追加する

それでは、BandLabにMIDIトラックとオーディオトラックを追加してみましょう。

 

1.トラック表示部の上で右クリックします。

 

2.今回はMIDIトラックを追加したいので「MIDIトラックの挿入」を選択してみましょう。

 

3.MIDIトラックが追加されました。

 

4.次はオーディオトラックを追加します。「オーディオトラックの挿入」を選択してみましょう。

 

5.オーディオトラックが追加されました。

トラック名を変更してみよう!

トラック名は赤枠をクリックして変更します。ピアノパートは「Piano」、ギターパートは「Guitar」のように分かりやすい名前を付けましょう。

 

 

複数トラックを追加する

複数のトラックを追加する場合は、まとめて挿入しましょう。

 

1.トラック表示部の上で右クリックします。

 

2.複数のトラックを追加したいので「複数トラックの挿入」を選択します。

 

3.追加するトラック数を入力して[OK]をクリックします。今回はオーディオトラックを3つ、MIDIトラックを2つ追加してみます。

 

4.新たにオーディオトラックが3つ、MIDIトラックが2つ追加されました。

 

 

トラックを削除する

不要なトラックは削除しましょう。

 

1.削除するトラックを選択します。

 

2.トラック表示部の上で右クリックします。

 

3.「トラック削除」を選択しましょう。

 

4.選択していたトラックが削除されました。

 

5.ちなみに、複数トラックを削除する場合は[ctrl]を押しながら、複数トラックを選択します。

 

6.トラック表示部の上で右クリックします。

 

7.「トラック削除」を選択しましょう。

 

8.選択していたトラックが削除されました。

 

 

トラックを並び替える

作成したトラックは並び替えることもできます。各自でトラックを並び替えて、見やすいトラックリストを作りましょう。

 

1.今回はMIDIトラックをオーディオトラックの下へ移動させてみます。

 

2.移動させたいトラックの右上あたりにカーソルを合わせます。

 

3.左クリックしたまま移動させたい位置までカーソルを移動させます。

 

4.MIDIトラックがオーディオトラックの下へ移動しました。

 

 

まとめ

今回はトラックの追加/削除方法について説明しました。音楽制作ではトラックを追加したり削除したりする機会も多くなるので、この章でしっかりと理解しておきましょう。

Cakewalk by BandLabの使い方記事は随時追加予定です。使い方が分からないかたは以下の記事も参考にしてみてください。

BandLabの使い方講座 TOP

コメントを残す


CAPTCHA