さあ、DTMを始めよう!

スマホでも見やすいサイトに切り替え中

  1. TOP
  2. DTM
  3. 2-1.Dominoの使い方(準備編)

2-1.Dominoの使い方(準備編)

曲の打ち込みを始める前に、dominoの基本的な使い方はマスターしておきましょう(^^)
今回は初期設定やBPMの設定など打ち込みを行う前に必要な準備をまとめました。

 

【1.初期設定】
・MIDI音源の設定方法

dominoはシーケンサーソフトなので、MIDI音源を設定させる必要があります。

設定画面には「ファイル」→「環境設定」→「MIDI-OUT」という手順で表示できるので
ポートA(未指定)を図1と同じように設定してください。
*MIDI音源はソフト起動時に自動で設定されることもあるので、音が出るかたは読み飛ばしてください。
<図1>環境設定(MIDI-OUT)
<図1>環境設定(MIDI-OUT).PNG

 

・MIDIキーボードの設定方法
打ち込みはMIDIキーボードを使用するので、所持しているかたは接続しましょう!

まずはMIDIキーボードを接続させた状態でdominoを起動させます。
そして「ファイル」→「環境設定」→「MIDI-IN」という手順で進むと設定画面が表示されるので
MIDI-INデバイス1を「未指定」から「接続中のMIDIキーボード」に変更します。
<図2>環境設定(MIDI-IN)
<図2>環境設定(MIDI-IN).PNG
図2では「KORG microKEY-25」と接続した例です。MIDI-INデバイス1で確認できますね(^^)

 

【2.打ち込みの準備】
・トラックの追加&削除方法

トラックの追加や削除はトラックリストで行うので、まずは赤丸をクリックして画面を切り替えます。
<図3>トラックリスト表示ボタン&トラックリスト
<図3>トラックリスト表示ボタン&トラックリスト.PNG
そして左側のトラックを右クリックすることで、トラックの追加や削除が行えるようになっています。
<図4>トラックの追加&削除
<図4>トラックの追加&削除.PNG
今回は4トラックを使用するので、図5と同じになるようにトラック数を削除して調整しましょう!
*「Conductor」「System Setup」は打ち込みを行うトラックではないので削除しないでください。
<図5>使用するトラック数
<図5>使用するトラック数.PNG
トラック数は打ち込みを行う4トラック+「Conductor」「System Setup」の計6つになります。

 

・音色の変更方法
まずは音色を変えたいトラックを選択します。
<図6>トラックの切り替え
<図6>トラックの切り替え.PNG
そして切り替えたトラック先のイベントリスト(赤枠)をクリックして、音色の設定画面を開きます。
*イベントリストが左側に無い場合は右上の青枠をクリックしてください。
<図7>イベントリスト
<図7>イベントリスト.PNG
設定画面が表示されたら、楽器名をクリックして好きな楽器の音色に変更します。
<図8>音色の設定画面
<図8>音色の設定画面.PNG
以上が音色変更の流れですが、ドラムの音色だけは別画面で設定させる必要があります。

やり方はドラムセットリストをクリックし、ドラム音源の設定画面に切り替えてから音色を指定します。
<図9>ドラム音源の設定画面
<図9>ドラム音源の設定画面.PNG
そして図4の下側に見える「トラックのプロパティ」をクリックして、プロパティを表示させます。
<図10>トラックのプロパティ
<図10>トラックのプロパティ.PNG
あとは画面上のチャンネルを「10」にして、種類を「リズム」に切り替えればドラムの準備も完了です。

今回使用する4トラックには下記の音色を使用するので、各自で音色を変更してみましょう!
・メロディ(Ch.01)【001 Piano】*メロディパートはピアノ音源のままにしました。
・ストリングス(Ch.02)【049 Strings】
・ベースパート(Ch.03)【035 Picked Bass】
・ドラムパート(Ch.04)【001 STANDARD

 

・BPMや拍子の設定
BPMと拍子の設定は「Conductor」で行うので、トラックを切り替えます。
<図11>トラックの切り替え2
<図11>トラックの切り替え2.PNG
あとは図12の赤枠をクリックして、BPMと拍子を設定させます。
<図12>BPMと拍子
<図12>BPMと拍子.PNG
今回は「BPM:180」「拍子:4/4」の曲を作るので、各自で設定を変更させておきましょう!
*1小節目の「BPM:60」「拍子:1/8」はセットアップ部分なので、変更しないでください。

これで準備が整いました。次回は打ち込み練習編に入ります!!


<関連する記事>
2-1.Dominoの使いかた(準備編)
2-2.Dominoの使いかた(打ち込み練習編)
2-3.メロディ打ち込み編


 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す


CAPTCHA