さあ、DTMを始めよう!

楽器関連の記事も書く、初心者向けDTMサイト。

  1. TOP
  2. ギター
  3. エレキギター弦の選びかた(編集中)

エレキギター弦の選びかた(編集中)


エレキギターには鉄製の弦が張られています。ギターの弦は練習しているうちに切れたり、手汗によって錆びてきたりするので、定期的に交換するようにしましょう。

 

 

 

弦の素材

ニッケル


エレキギターで最もスタンダードなギター弦。ニッケルは柔らかい金属で加工しやすく、サビにも強い素材になっています。そのため、昔から多くの人に使用されています。

価格もリーズナブルなので、弦選びで迷ったらニッケル弦が良いでしょう。

 

ステンレス


鉄にクロームという素材を加えて作ったギター弦。ニッケル弦よりも硬い素材で耐久性があり、サビにも強いのが特徴です。しかし、素材が硬い分、フレットの擦り減りが早くなります。

 

コーテッド


表面に特殊なコーティングがされたギター弦。全ての弦の中で最もサビにくく、劣化しにくいため、通常の弦よりも数倍長持ちすると言われています。

ただし、コーティングされている分、通常の弦よりも価格は高くなります。

 

 

 

弦の太さ

通常の弦は6本1セットになっており、パッケージには弦の太さが記されています。

弦の太さは大きく分けて4種類あり、太さによって弾きやすさやサウンドが変化します。弦の太さやゲージ名は、メーカーによって若干異なりますが大体こんな感じです。

エレキギターの一般的なゲージは09-42と10-46で、弾きやすさを求めるなら09-42、重厚感のあるサウンドを求めるなら10-46が良いでしょう。

 

弦の太さによるメリット・デメリットもまとめたので、こちらもあわせてご覧ください。

・太い弦
<メリット>
重厚感のあるサウンドになる
弦が切れにくい

<デメリット>
チョーキングやビブラートがやりずらい
ネックに負荷がかかる
コードが押さえにくい

 

・細い弦
<メリット>
チョーキングやビブラートがやりやすい
ネックに負荷がかかりにくい
コードが押さえやすい

<デメリット>
低音が軽く物足りなさを感じる
弦が切れやすい

 

 

 

主なメーカー

アーニーボール

世界で初めてエレキギター弦を開発したアメリカの老舗メーカー。パッケージデザインが秀逸な同社製品は、エリック・クラプトンやメタリカなど、一流アーティストも愛用しています。

アーニーボールは、全体的にテンションが弱く、音抜けの良いサウンドになります。そのため、チョーキングやビブラート等は行いやすいです。

しかし、他社製品よりも弦の劣化が早く、短いスパンでの弦交換が必要になります。

 

ダダリオ

業界トップクラスのシェアを誇る定番中の定番メーカー。アーニーボールと並び、プロからアマチュアまで、世界中のギタリストが愛用しています。

ダダリオは、全体的にテンションが高めで、硬いサウンドになります。チューキングやビブラートのしやすさではアーニーボールに劣りますが、耐久性と品質に定評があるギター弦です。

また、ボールエンドが色分けされているため、ギター初心者でも弦を張る順番を間違える心配はないでしょう。

 

エリクサー

コーティング弦で業界を1歩リードする高級弦メーカー。通常の弦に特殊なコーティングを施すことによって、長寿命を実現させました。

エリクサーは、他社製品よりも3~5倍持つと言われ、サビにも強いギター弦になっています。歴史はまだ浅いですが、世界中のギタリストから高い評価を得て、その名を世界中に広めました。

また、ESPやアイバニーズといった有名楽器メーカーも出荷時の弦として採用し始め、弦市場においても大きな存在になりつつあります。

 

 

 

緊急用にバラ弦があると便利


通常の弦はバラ売りもしています。初めのうちはギターを弾いている時や弦を交換している時に、弦が切れてしまうことがよくあるので、事前にバラ弦を準備しておくと良いでしょう。

バラ弦は6本1セットよりもやや高いですが、ヤマハからリーズナブルなバラ弦が販売されています。切れやすい1弦だけでも持っておくと安心です。

こちらは09-42用の1弦です。10-46用は「H1021」になります。交換する弦のサイズは間違えないように注意しましょう。

 

 

 

購入した弦は必ず状態をチェックしよう

ギター弦は稀に錆びてる不良品が混じっています。予備弦は未開封のままで保管したくなりますが、必ず開封して状態をチェックしてください。

下図は私が購入しておいた予備弦。未開封で保管していましたが、中身が錆びていました。

購入日から日数が経ちすぎると、例え未開封でも交換が難しくなります。皆さんはこうならないように必ず現品を開封して、商品の状態をチェックしましょう。

 

 

 

ギター弦の保管方法

開封した弦は、密閉袋に入れて保管しましょう。密閉袋はダイソーやセリアで売られています。

私はセリアの密閉袋(168x114mm)を使用しています。定番なダダリオやアーニーボール、エリクサー等は、このサイズがピッタリです。

ちなみに、密閉袋には通常タイプと厚手タイプがあります。弦保管用は、厚みがあったほうが使いやすいので、厚手タイプ(0.08mm)がおすすめです。

 

 

 

定番なエレキギター弦

スポンサーリンク

コメントを残す


CAPTCHA